東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

地元に愛されて50年

 ブログの読者であるひらりさんから、青葉町商店会にある焼き鳥店「大ちゃん」が「今年2019年8月いっぱいで閉店予定、とのこと」という情報をいただいた。8月19日のことだ。
 久しく行ってなかったので、確認を兼ねて私は8月24日に行ってみた。

大ちゃん

「大ちゃん」は、青葉町商店会の通りに面していない。そこからちょっと路地に入ったところにお店がある。バス通りから歩いて行くと、看板が見えないからいつも通り過ぎてしまう(笑)。
 だけどこのお店、いつもお客さんがいっぱいで繁盛しているんだよね。

 2007年3月20日にBS-TBSで放送されている「吉田類の酒場放浪記」で紹介されたんだけど、そのホームページには、こう書かれている。


東村山駅、久米川駅、新秋津駅、どの駅から歩いても30分ほど掛かる商店街の中ほどに、毎夜活気ある賑わいが外に漏れている酒場がある。この地で47年店を営む「大ちゃん」である。


 ネットで調べてもあまり詳しい情報が出てこないお店だから、お客さんは遠方からわざわざ来るワケではない。地元の、ご近所の人たちが「ちょっと一杯やろうか」、「今夜は外で食べようか」と利用しているのである。


 そんなお店が閉店するという。すぐには信じられない私は、念入りに入り口周辺を見回してみた。どうやら表には閉店の告知は出ていないようだ。
「どうか情報が間違っていますように」と思いつつ、中に入ると、すぐ奥にドーンと大きな貼り紙が……。

閉店の告知

ああ (゚д゚lll) やっぱり閉店なのか…

 4月に50周年を迎えたことで、一区切りをつけようと決断したようだ。つまりは、それまでも「続けようか、どうしようか」と迷っていたということだよね。
「オープン〇周年」って、基本的にはおめでたいことなんだけど、閉店を決断するキッカケになったりもするんだよね。

瓶ビールでお疲れさん

 カウンターに座り、瓶ビールでお疲れさん。キリンのラガービールってのが昭和っぽくていいんだよね。

 本当は「もつ煮」が食べたかったんだけど、すでに閉店モードに入っていてつくっていないということだったので、このお店の人気メニューである「じゃがバター焼」と、焼き鳥を注文した。

じゃがバター焼

 まず運ばれて来たのは「じゃがバター焼」。熱々の鉄板の上でバターにまみれたジャガイモが並んでいる。熱いうちにいただかなきゃね……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 熱々のホクホク。冷たいビールによく合う。いやあ、コレだけでお腹いっぱいになっちゃうよ。

焼き鳥

 焼き鳥は「軟骨」がないというので、それ以外を全部、タレでお願いした。
 左から「つくね」、「タン」、「白」、「ハツ」、「とり」、「レバ」、「カシラ」。いやあ、どれも旨いよ。


 私はオープンしてすぐにお店に入ったんだけど、まだ午後6時前だというのに、続々とお客さんが入って来る。もちろん閉店するとわかっているからなんだろうけど、「本当に地元の人に愛されているお店なんだなぁ」とシミジミ思った。

 ごちそうさまでした。そして50年間、本当にお疲れさまでした。




【DATA】
住所:東村山市青葉町2-7-7
電話:042-392-3091
営業時間:午後5時~11時
定休日:日曜と第1・第3月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR