東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 4杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」
2019年07月11日「揚子江」



「西友」「丸山書房」の間の通り、通称「久米川駅南口通り」をブラブラと歩いていると、餃子をウリにしている定食屋「東京餃子食堂 久米川店」が見えてくる。

東京餃子食堂 久米川店

 反対向きになっていて最初は気づかなかったけど、よく見ると「冷し担々麺」という幟が出ている。へぇ、こんなところにも冷やし麺があったのか。
 ということで、早速、入ってみることにした。

目当てはコレ

 テーブルにはドーンと「冷し担々麺」(780円+税)のメニューが置いてある。イチ押しなんだね。ビジュアルもなかなかいいじゃない。
 私は「冷し担々麺」と、平日のランチタイム限定で一緒に頼むと100円+税になる「焼き餃子」をお願いした。

冷し担々麺

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。何となく写真のビジュアルと違う感じ。特にラー油の色が鮮やかな朱色じゃないことに少しガッカリ。

スープはこってり

 だけどスープを飲んでみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 ゴマの風味とラー油の辛さがバランスよく味わえて、しかもこってりと濃厚。そしてひんやりと冷たいのど越し。いいねぇ。この濃厚さは麺によく絡んでいいかも。

麺のアップ

 麺は太くてやや平たい縮れ麺。思った通り、スープがよく絡む。では、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 冷水で〆ているから、やや固めなんだけど、それが歯応えとのど越しになっている。具材もひき肉は旨いし、メンマが特に味が濃くて旨いんだよね。

焼き餃子

「焼き餃子」を食べるのは3回目なんだけど、この味にだんだん慣れてきたのかな、今までは物足りない感じがしていたのに、今回は妙に旨く感じられた。思わず「おかわり」しそうになったくらいだ。

 麺を食べ終えると、スープが残ったけど、アイランドをすると確実にお腹がはちきれてしまうので、そのまま飲み干した。もっと辛さが欲しい人は卓上にあるラー油を追加投入するといいかもね。
 このお店、麺類も意外とイケるんだね。ほかにも食べたい定食メニューがあるから、また近いうちに行ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-8-6
電話:042-306-1222
営業時間:平日は午前11時~午後3時、午後5時~深夜0時/土・日曜・祝日は午前11時~深夜0時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR