東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 3杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」



 気が付けばもう7月中旬。「今年こそは冷やし麺を食べまくるぞ!」と意気込んでいたのに、まだ2杯しか食べていない。「これはイカン!」と早速、食べ歩きに出た私。
「そう言えば、今年はまだ冷やし中華を食べてなかったな」と思った私は、「あのお店に行ってみよう」と、久米川駅北口は野火止通りを新青梅街道に向かって歩いて行った。

揚子江

 水道工事の車両でわかりにくくなっているけど、目指すお店は中華料理店の「揚子江」

「冷やし中華」が出ている

 これこれ。昨年から貼り出されていて気になっていたんだよね。
 お店に入ると、目の前の水道工事の影響か、お客さんは1人だけだった。テーブル席に座ると、お父さんもお母さんも「久しぶりだね」と声をかけてくれる。この2人と話をするのも、このお店の楽しみなんだよね。

「冷やし中華」(800円)を頼むと、お父さんは厨房に戻ってつくりだし、お母さんとしばしトーク。このお母さんがちょっと辛口で、「あんた、どうして選挙出なかったの?」などなど、いろいろと攻めてくる(笑)。
 お母さんと楽しく話をしていると、来ました、来ました。

これが「冷やし中華」

 これがこのお店の「冷やし中華」。具だくさんだねぇ。
 トップに紅生姜が乗り、玉子焼きにハム、かまぼこ、チャーシュー。そして裏側は……。

反対側はこんな感じ

 たっぷりのキュウリ。いいねぇ。食べ応えありそうだ。

自家製麺は冷水で〆ているからモチッとした歯応えがある

 具の間に箸を突っ込み、麺を引き出す。中太の緩い縮れ麺をまずはそのままズズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 このお店の麺は自家製なんだよね。冷水で〆ているから、いつもよりモチッとして歯応えがある。添えられているカラシを麺に少し塗ってはズズッと食べ、具材を口に放り込む。いやあ、旨い。
 スープが、酢がそんなにキツくないのも私にはいい感じ。

 お客さんが私1人になったので、お父さんも厨房から出てきて、いろいろトーク。今回はなぜか、うどんのつくり方で盛り上がってしまった。農協で地粉を買ってきて自分で打っているのだとか。私も以前から自分で打ってみたいと思っていたから、水と塩との分量配分とかを聞いたりなんかして(笑)。
 このお店のご夫婦と話をするのは本当に楽しい。

 聞けば、お店は昭和48年オープンというから、46年もこの地で頑張っているんだね。
「まだ大丈夫でしょ?」と聞くと、「そんなのわからないよ」とご夫婦同時に笑いながら答えてくれた。
 元気でいつまでも頑張って欲しいなぁ……そう思いつつ、私はお店をあとにした。




【DATA】
住所:東村山市萩山町5-2-5
電話:042-394-3525
営業時間:午前10時30分~午後3時/午後4時30分~8時
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
[ 2019/07/11 13:03 ] 【中華料理】 揚子江(萩山町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR