東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 2杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」



 今回やって来たのは、西武池袋線は秋津駅の南口。改札を出ると、すぐ目の前に見えるのが……。

富士そば秋津店

 立ち食いそばチェーンの「富士そば秋津店」。このお店、ナント、東村山市のソース会社「ポールスタア」とコラボして、2019年5月からユニークな限定メニューを販売しているのだ。それがコチラ。

目的はコレ

「ポールスタア」の「東村山黒焼そばソース」を使った「東村山!!黒ソースそば」(480円)だ。
 これは焼きそばではなく、「東村山黒焼そばソース」を和えたモノなのだとか。
 麺はそばとうどんから選ぶことができ、さらにそれぞれ温めた麺と冷たい麺を選べことができる。

券売機の左上ポジションとは凄い

 券売機を見ると……おおっ! イチ押しメニューのポジションである左上に「東村山!!黒ソースそば」があるではないか。このお店だけの限定メニューだけに、力が入っているね。
 私は左上のボタンをポチッと押すと、さらにトッピングメニューの中から「温泉玉子」(60円)もポチリ。
 麺は冷たいそばでお願いした(冷やし麺の記事だからね 笑)。

東村山黒ソースそば温玉乗せ

 これが「東村山!!黒ソースそば」の冷たいそばバージョン、温玉乗せだ。
 本来の具材は天かす、紅生姜、アキアミ、刻みネギの4つ。これだけだと寂しかったかもしれないけど、ココに温泉玉子が入ったことで、かなりゴージャス感が増した気がする。旨そうだ。
 あと、冷たい麺だからなのかもしれないけど、丼の縁にカラシが添えられている。冷やし中華ではカラシは必須だけど、この場合はどうなんだろう? これも楽しみだ。

すでにそばは東村山黒焼そばソースで染まっている

 では、まずはかき混ぜずにそのままそばをいただいてみますかね。よく見ると、そばはすでに「東村山黒焼そばソース」で黒く染まっている。

まずはそのままいただきま~す

 箸で引き上げて、ズズズッ……。

旨いじゃないの (´ ▽`).。o♪♪

 日本そばに「東村山黒焼そばソース」が合うことは、東村山駅東口にあるそば屋「ますも庵」が証明してくれているけど、あれは焼きそばなんだよね。そのまま焼かずに「東村山黒焼そばソース」を絡めただけでも旨いんだね。これにはちょっとビックリ。

温玉を崩さずに混ぜ混ぜ

 続いて、温玉を崩さないようにして、ほかの具材を混ぜつつ天地返し。「東村山黒焼そばソース」がよく絡んで、そばがさらに黒くなっていく。かき混ぜた具材とともにそばを引き上げ、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

「東村山黒焼そばソース」を吸った天かすがいい味と食感を出してくれて、これはいいねぇ。

 さてさて、それでは満を持して温玉を崩すとしますかね……。

続いて温玉を崩して…

旨いそうじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 普通の人にはちょっと汚いビジュアルかもしれないけど、私のようなタマラーには、これはたまんないビジュアルだね。

黄身を絡めていただきま~す

 黄身を絡めつつ、ズッ、ズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、温玉のトッピング、大正解。
 そうそう、カラシのことを忘れていたので、途中で少しそばに付けて食べてみたら、これがまた旨くてビックリ。合うもんだね。

汁が残ったので

 かなり汚いビジュアルだけど、そばを食べ終えると、こんな澱んだ汁が残る。

そば湯で割ってみた

 これをそば湯で割って飲んでみると……。

旨いねぇ (´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、ここまで楽しめるとは正直、思わなかった。
「焼かずに、ソースを和えるだけってどうなんだろう?」と思ったけど、考えてみたらカップ焼きそばって、茹でた麺にソースを絡める和え麺だよね。舌が味を受け入れる土壌はできていたワケだ。


 ちなみにこの「東村山!!黒ソースそば」、秋津店だけの販売だったのだが、好評につき6月から販売拡大し「大井町駅前店」、「代官山店」、「田端店」、「歌舞伎座前店」でも食べられるのだとか。どうせならいっそ定番メニューになってくれないかなぁ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-8-23
営業時間:24時間(ただし行政の指導により、午前3時より45分間は閉店)
定休日:無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
[ 2019/06/12 05:00 ] 【そば】 富士そば(秋津町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR