東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

確実にお腹いっぱいになるラーメン

 青葉町の「全生園」から所沢街道を所沢方面に歩いて行くと、左側に「保谷納豆」の工場が見え、さらに進むと右側にラーメン店の「くるまやラーメン東村山店」、和食ファミレスの「華屋与兵衛 秋津店」、うどん店の「丸亀製麺 秋津店」が見えてくる。「丸亀製麺 秋津店」の向かいにはホームセンターの「島忠ホームズ」があり、その先にパン屋の「EMU東村山店」、そして「餃子の王将 秋津店」「ぼん天」がある。ポツリポツリではあるが、ここまでは飲食店などがいろいろあって、歩いていて楽しい。
 ただ、ここから先は車のディーラーなどがあるものの、ほとんど飲食店はない。それでも「ぼん天」から500mほど歩くと……。

さんらいず亭

 中華レストランの「さんらいず亭」が見えてくる。この辺りでは貴重な飲食店だ。
 なかなか来る機会のないお店だし、せっかくここまで歩いて来たのだからと、私は久しぶりに入ってみた。どれくらい久しぶりなのか、スマホで調べてみたら、ナント8年ぶりだった。

 店内のレイアウトは全然変わっていない。ただ、入ってすぐ正面のレジの下に営業時間が午後3時までであることを告知した貼り紙がしてあった。どうやら現在は昼のみの営業で、夜は営業していないようだ。

麺類メニュー

 席に座ると、メニューをチェック。豊富なセットメニューは相変わらずだ。
 これは麺類のメニュー。以前からそうなんだけど、意外と麺類は絞り込んでいて、種類は少ないんだよね。

ご飯物メニュー

 こちらはご飯物のメニュー。中華料理店の「カツ丼」(780円)って意外と旨いんだよね。「カツカレー」(780円)も気になるところだ。
 でも、この日は麺類の気分だったので、数人の読者からも薦められていた「五目うま煮そば」(750円)をお願いした。
 しばらくして、来た、来た、来たよ!

五目うま煮そば

デカいじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 丼の大きさは以前と変わらないんだけど、久しぶりに見たから、ちょっと「おおっ!」と思ってしまった。
 横にあるお冷のグラスぐらいじゃ、丼の大きさはわからないかなぁ。

割り箸が真ん中だと届かなくなる

 割り箸を置いてみると……どうです、わかりますか? この丼の真ん中に、割り箸が置けないんですよ。この位置がギリギリ。
 デカいでしょ。そして具材が五目どころか、いっぱい入っている。
 この丼を横から見てみると……。

丼が深い

深いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 中身のボリュームが相当なモノであることは、これでわかっていただけると思う。このお店で「大盛り」を頼むのは、かなりの危険行為だと思うよ(笑)。

麺のアップ

 では麺を箸で引き上げて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 醤油味のあんかけのスープが細麺に絡みまくり、持ち上げまくりで、熱いけど旨い。たっぷりの具材を食べつつ、麺をズズッ、スープをグビリ。
「いやあ、結構食べたなぁ」と思って、丼を見ると、まだ半分しか減ってない。これは本当にボリューム満点だわ。

スープも飲んで完食

 何とかスープも飲み干して、完食。お腹いっぱいでタプタプ(笑)。もう何も食べられないって感じ。
 いやあ、旨かったなぁ。次回は気になっている「カツ丼」か「カツカレー」を食べてみよう。




【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:日曜
駐車場あり(10台)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告