東村山グルメ日記2

志村けんさんでおなじみの東京都東村山市に限定したグルメ情報サイト

海老vs豚骨の濃厚な味の主導権争い

 ちょっと変わったラーメンが食べたいなぁと思いながら、久米川駅南口を散策していた私。「バスで秋津に行ってみるかなぁ。久米川駅周辺で変わったラーメンってちょっとないよなぁ……」と思って「あっ」と思い出した。
 確か久米川駅南口のラーメン店「麺匠 和蔵」が期間限定で「酸辣湯麺」を出していたなぁ。まだやってるかなぁ。とにかく行ってみよう。

麺匠 和蔵

 と、来てみたのだが……。

ランチメニュー

 うーん、どうやらやっていないようだ。というか、ランチタイムにはやってないのかもしれない。
 どうしようかなぁ……と改めてランチメニューを見ると、「鯛塩ラーメン」(750円)と「海老豚骨ラーメン」(800円)というメニューがあることに気づいた。「鯛塩ラーメン」は何となく味が想像できるけど、「海老豚骨ラーメン」はどんな味なんだろうか? ちょっと想像ができなかったので、「これは食べてみるしかないかな」と思い、お店に入ることにした。

 カウンターに座り、「海老豚骨ラーメン」を注文。しばらくして、来た、来た。

海老豚骨ラーメン

 これが「海老豚骨ラーメン」。海老の香りが凄いなぁ。どこに海老がいるんだ? 具材の上にちょこんと乗った海苔をわきによけると……。

海苔の下はこんな感じ

海老、見っけッO(≧∇≦)O!!!

 魚粉ならぬ海老粉が刻みネギの上にたっぷり乗っている。「海老粉」と言っても魚粉のようなパウダー状ではなく、もっと荒い感じ。香りの発生源は間違いなくコレだ。

スープはドロッとしている

 スープは少しドロッとした感じ。飲むと、豚骨の香りが鼻から抜けていく。濃厚だねぇ。
 ではちょっと海老粉をスープに混ぜていきますかね。そしてレンゲですくって飲んでみると……。

んん! (゚д゚lll) んんん!!

 口の中で海老味と豚骨味がお互いに主張して、がっぷり四つという感じ。調和する兆しが全くない。量からすれば、海老粉の方が圧倒的に不利なハズなのに、「負けるもんか」と主張してくる。何だ、このスープ。面白過ぎる。

麺のアップ

 ちょっとビックリしたのは、麺が極細だったこと。ドロッと粘りのあるスープをしっかり持ち上げるモノだから、麺を口に入れても、海老と豚骨の仁義なき戦いが続く。面白いなぁ。

 極細麺ということは替え玉ができるのかな? そんなことを思いつつも、海老と豚骨の“味の主導権”争いが楽しくて、麺や具材を食べ終えたあとも、ひたすらスープを飲み続けた。

完食

 そして完食。何か不思議なラーメンだったなぁ。大抵はうまく混ざり合って、「旨い」とか「マズい」とかの判断ができるんだけど、混ざり切らず、それぞれが味を主張するんだもんね。こういうラーメンもアリだと思うな。うん、アリですよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-18-9
電話:042-395-6682
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後6時~翌朝5時
定休日:日曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



関連記事
[ 2019/03/10 05:00 ] 【ラーメン】 麺匠 和蔵(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す59歳。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR