東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

大将と女将さんの元気な姿にひと安心

 平成最後だからなのか、ここのところ飲食店の閉店が相次いでいる。それも長く親しまれてきた飲食店の閉店が多い。長く続けるということは、お店の人も年を取るワケで、だんだんと続けたくても、肉体的に続けられなくなってくるモノだ。
 2013年7月に閉店した、本町は鷹の道沿いにあった中華料理店「どんどん」のご夫婦に「お二人とも、とても元気そうなのにどうして閉店なんですか?」と聞くと、奥さんからこんな答えが返って来た。

「二人とも、35年も鍋を振ってきたから、もう腕がね」

 2015年12月に閉店した、久米川駅南口の住宅街にあったうなぎの名店「はや幸」の女将さんもこんなことを言っていた。

「もう本当に体力の限界。お父さんも75歳だから。元気なうちにやめないと、行きたい旅行にも行けなくなっちゃうしね」

 跡を継ぐ人間がいない限り、どんなに繁盛していても、いつかお店は閉店してしまう。先日、廻田町の武蔵野うどん店「きくや」に10年ぶりに行ったのも「大丈夫かな?」と気になったからなんだよね(記事はこちら)。


 で、先日のこと。秋津地域を散策した後、「さあ、帰ろうか」とバスに乗ったのだが、ふいに「あのお店の大将と女将さん、元気かなぁ?」という思いが頭に浮かんできた。「久しぶりに行ってみるか」……そう思った私は「青葉町二丁目」のバス停で降り、青葉町商店会に入って行った。

とり慎

 向かったお店は焼き鳥店の「とり慎」。入ると、大将と女将さんがいつもの笑顔で出迎えてくれた。でも大将は、前回行った時より少し顔がやせて、何となく疲れているように見えた。
「大将、ちょっと疲れているんじゃないの?」と聞くと、「いやもう、最近はアッチの方が全然ダメで(笑)」と例によって変な切り返しをしてくる(笑)。「誰もそんなこと聞いてないですよ」と女将さんと一緒に大笑い。
 まあ、確実に年を取って体力は衰えているワケだから、同じ仕事量をやっていれば、そりゃ疲れるってもんだよね。だけど、軽口が出るならまだ大丈夫。ちょっとホッとしたよ。

なみなみの日本酒でお疲れさん

 日本酒を冷やでお願いすると、いつものようにグラスになみなみと注いでくれた。これがいいんだよね。
 ああ、久しぶりに飲む日本酒は旨いなぁ。

久しぶりの「煮込」

「久しぶり」と言えば、お店の壁にぶら下がっているメニュー札に、久しぶりに「煮込」(600円)が出ていた。注文すると、おろしニンニクと一緒に運ばれて来た。

ニンニクを入れていただきま~す

 では、おろしニンニクをドバッと入れて、いただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、日本酒も進むよ。

「鳥はつ」と「かしら」

 このお店に来たら、やっぱり焼きモノを頼まないとね。残念ながら「豚レバ」は終わってしまったみたい。ということで、まずは「鳥はつ」(=写真左、180円)と「かしら」(150円)。このお店の「かしら」、好きなんだよねぇ。特製味噌につけていただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、この特製味噌は最強だね。これに大将の絶妙な焼き加減が加わるワケだから、旨いのは当然だね。

いかだ(手羽)

 こちらは「いかだ(手羽)」(250円)。そのままでも十分旨いんだけど、特製味噌を付けてたべるとさらに旨くなる。
 いかんなぁ、日本酒をチビチビやるつもりが、もうなくなってしまった。
 女将さん、もう1杯お願いします(笑)。

「皮」と「テッポ」

 続いて頼んだのは、「皮」(=写真左、140円)と「テッポ」(140円)。個人的に特製味噌と一番合うのは「皮」だと思っている。それくらい相性がよくて旨いんだよね。
「テッポ」を食べると、友人のマサトを思い出す。彼のおかげで「テッポ」の旨さを知ったワケだからね(その時の記事はこちら)。

ひな

 最後に「ひな」(140円)を食べて、ごちそうさま。
 注文を受けてから、立ち上がって焼き場に向かう大将の姿を見ると、「老けちゃったなぁ」という気がするけど、ひとまずは元気そうで何より。
 今回は大好きな「豚レバ」を食べられなかったので、また近いうちに来ますね。まだまだ老け込まないでくださいよ、大将、女将さん!




【DATA】
住所:東村山市青葉町2-4-36
電話:042-393-8019
営業時間:午後5時~10時
定休日:月・火・水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR