東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

焼酎のお湯割りと旨いツマミでポッカポカ

 これは昨年取材したモノ。この日はすごく寒かったので、とにかく温かいお酒が飲みたかった。ということで、友人と2人して「寒い、寒い」と言いつつ、早足で向かったのは……。

ながしま

 久米川駅北口の居酒屋「ながしま」だ。このお店ならではの、八丈島の焼酎をお湯割りでいただこうと思ったワケだ。

焼酎のお湯割りとお通し

 焼酎のお湯割りとともに、3点盛りのお通しが出て来た。いいねぇ、これだけでお湯割り1杯飲めちゃうよ(笑)。
 友人と乾杯して、お湯割りをグビッ……はぁ~、染みるねぇ。まだ指先は冷たいけど、体の中からジワッと温まってくる。

刺身盛り合わせ

 軽く「刺身の盛り合わせ」を注文。少しずついろんな種類が乗っているのがうれしい。

塩から

 このお店に飲みに来たら、大抵、頼んでいるのが、この「塩から」(240円)。柚子が効いていて旨いんだよね。

つきみ芋

 これは友人が頼んだ「つきみ芋」(460円)。醤油を少し垂らしてかき混ぜると、サラッと粘るのではなく、まるで出来立ての団子やつきたてのお餅みたいにまとまって伸びていく。長芋ではなく大和芋なのかな。まとまるから、箸で取りやすく食べやすい。これは面白いツマミだなぁ。

白子天ぷら

 次に出て来たのは「白子天ぷら」(900円)。もう見るからに、ふわふわして旨そう。レモンを搾り、塩をちょこっと付けて、パクッと口に放り込むと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 熱々で口の中でとろけて、優しい甘さと旨味を舌に残していく。もう、たまんないね。幸せな味だよ。

左からねぎま2本、砂肝、手羽先

 このお店は焼き鳥も旨いんだよね。ということで、塩で左から「ねぎま」を2本、そして「砂肝」と「手羽先」を注文。

左からつくね2本、レバー、若どり

 タレで左から「つくね」を2本、「レバー」と「若どり」をお願いした。焼き鳥はどれも1本150円。友人は「ねぎま」と「つくね」だけを食べ、あとは全部私の胃袋に(笑)。いやあ、満足。
 焼酎のお湯割りを何杯飲んだろう? 旨いツマミのお陰もあって、体はすっかりポッカポカ。体が温まると、舌も滑らかになり、友人との話もいろいろと盛り上がる。軽く一杯のつもりだったけど、「もう1軒行こうか」とお店を出たのだった。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-11-1
電話:042-395-5636
営業時間:ランチは火~土曜の午前11時30分~午後2時/ディナーは火~日曜の午後6時~
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR