東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

祝!2号店オープン!

 2018年2月末に、市役所の裏手にあった武蔵野うどんのお店「なつ丸」が家庭の事情で閉店。その後ずっとシャッターは降りたままだったのだが、7月18日に新たなお店がオープンした。

野口製麺所 本町店

 ナント、野口町は正福寺の近くにある讃岐うどんの名店「野口製麺所」が、2号店となる「野口製麺所 本町店」をオープンさせたのだ。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。
 お店に入ると、「なつ丸」の時には入り口横はうどんを打つ場所になっていたのだが、それを取り払ってカウンター席にしていた。
 席は、カウンターが7席、2人掛けのテーブルが5卓。うどんを打つ場所を取り払った割には、それほど席数が増えていないのにはワケがある。

店内は天ぷらコーナーと

 野口町の本店にもある、セルフの天ぷらコーナーと、

おでんのコーナーがある

 セルフのおでんコーナーがあるからだ。やはり「野口製麺所」はこの2つのコーナーがないとね。そして、昼のみの営業なのに、ちゃんとお酒も揃っている(笑)。さすがというか、何というか(笑)。メインのお客さんは市役所の職員さんだと思うけど、こっそりお酒を飲む人が出てきたりして(笑)。ダメですよ! 市役所の皆さんは飲んじゃ(笑)。

 ひとしきり店内を観察した私は、カウンター席に座り、「ぶっかけうどん」(600円)を注文した。

オープン記念サービスのスイカ

 うどんが茹で上がるまでの待ち時間に、オープン記念サービスのスイカをいただく。
 そして待つことしばし。来ましたよ!

ぶっかけうどん

 これが「ぶっかけうどん」。冷たい出汁の上にうどんが置かれ、その上に大根おろし、ワカメ、おろし生姜、刻みネギが乗っている。

うどんのアップ

 地粉を使った武蔵野うどんとは違い、真っ白な讃岐うどん。

では、よく混ぜてからいただきますか

 これをよく混ぜてから、いただきま~す……うんうん、旨いねぇ。
 あまりの猛暑だから、茹で上がったうどんを水道水で冷やしても、冷たくならないのがちょっと残念。もっとキリッと冷たく、〆たうどんなら、さらに旨かったと思う。まあ、暑いから仕方ないよね。

くじで割引券をゲット

 会計の際に、くじを引いて、割引券をゲット。次回はコレを使って、あえて温かいうどんを食べてみようかな。




【本店DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:火~金曜は午前11時~午後3時30分/土・日・祝日は午前11時~午後3時30分、午後6時~8時30分
定休日:月曜
駐車場あり
店内禁煙
ブログはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら


【本町店DATA】
住所:東村山市本町4-6-13
電話:042-397-0061
営業時間:午前11時~午後2時30分
定休日:土・日曜・祝日
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
(´・ω・`)?市役所
東村山駅から遠いし久米川駅からも遠いし(T-T)中途半端なんだよね!バスを利用します!
[ 2018/07/20 21:11 ] [ 編集 ]
秋津ブラゼル様さんへ
コメントありがとうございます。
ぜひバスで行ってみてください。


[ 2018/07/21 05:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告