東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2018冷やし麺 5杯目

【これまでの制覇リスト】
2018年06月24日「もみじ」
2018年07月03日「丸哲」
2018年07月10日「まるみ」
2018年07月15日「ふじのや」



 いつの間にか増殖した家系ラーメン。東村山市内には2018年7月18日現在、4つのお店がある。
「これだけ家系ラーメンのお店があれば、どこかが夏季限定の冷やし麺を出すだろう」と思っていたら、案の定、冷やし麺を出すお店が出現。
 ということで、私は早速、行ってみることにした。

らーめん春樹 新秋津店

 向かったのは、新秋津駅前のロータリー沿いにある「らーめん春樹 新秋津店」。このお店、メインは確かに家系ラーメンなんだけど、「和風魚介醤油らーめん」や「天然塩らーめん」といったメニューもあり、期間限定メニューもいろいろ出していたから、「たぶん冷やし麺を出すならこのお店かな」と思っていたんだけど、やはりそうだった。

夏季限定の2つの冷やし麺

 夏季限定メニューは「エビトマトつけ麺」(850円)と「冷やしらーめん」(790円)の2つ。どっちも気になるけど、サッパリしたモノを食べたい気分だったので、私は「冷やしらーめん」を頼むことにした。

冷やしらーめん

 程なく運ばれて来た、こちらが「冷やしらーめん」。丼はやや小ぶり。乗っている具材は中心に味付け玉子があり、その周りにメンマ、白髪ネギ、梅干し、プチトマト、水菜と配されている。チャーシューはなく、ビジュアルからしてとってもヘルシー。

湯気もなく脂も浮いてない涼しげなスープ

 スープは当然ながら湯気は立ってなく、脂も浮いていない。飲むと、冷たくて、醤油より意外と出汁の味が濃厚に感じる。

麺のアップ

 麺は細いストレート。固めでお願いしたせいもあるけど、冷たくて、プリプリというか、ピキピキしていて旨い。
 途中で梅干しをかじると、酸っぱさがすごくいい刺激になって、スイスイ食べられる。食欲がかなり減退している時でも、このラーメンなら食べられるんじゃないかなぁ。

スープを飲み干して、ごちそうさま

 スープを飲み干して、ごちそうさま。いやあ、すごくヘルシーで旨かったなぁ。暑い時に食べたくなる1杯だね。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-42
電話:042-407-4756
営業時間:月~土曜は午前11時~午後3時、午後6時~深夜1時/日曜・祝日は午前11時~午後11時
定休日:なし
店内禁煙
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



関連記事
\(^-^)/秋津やから
やはり秋津の冷やし麺は深い(^o^;)ぜしぜし中本リポートを<(_ _*)>
[ 2018/07/19 20:17 ] [ 編集 ]
秋津ブラゼル様さんへ
コメントありがとうございます。
秋津のラーメン店はチェーン店が多いから、残念ながら秋津独自というモノはあまりないんですよね。「中本」は「春樹」より数倍もメジャーだから、私の中では取材に行く優先順位は低いです。私が記事にしなくても検索すればレビューがいっぱい出てきますから。


[ 2018/07/20 06:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR