東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】東村山のカツカレー その8

【これまでの制覇リスト】
2018年04月19日「かつ秀」
2018年04月20日「キッチン若松」
2018年04月22日「CoCo壱番屋 西武久米川駅前店」
2018年04月27日「金沢ロイヤルカレー絆 秋津店」
2018年05月03日「丸哲」
2018年05月11日「松のや」
2018年05月23日「巴屋」



 何だか久しぶりだけど、ご安心を。このシリーズ、まだ続いています(笑)。
 ということで、今回行ったのは……。

しなの

 久米川駅南口は「西友」横の通りをずっと行った突き当りの踏み切り近くにあるそば屋「しなの」。前回、久米川駅南口のそば屋「巴屋」で食べたカツカレーが旨かったので、「そば屋のカツカレーって意外とイケるのかも」と思い、行ってみることにしたんだよね。

「ロース肉カツカレー」があった

 お店の外にあるメニューでまずはチェック。「御飯物」の項目を見ると……あった、あった。「ロース肉カツカレー」(1100円)っていうんだね。へぇ、「ロース肉カツ丼」(850円)より250円も高いんだ。カツ丼の方が手間がかかるような気がするんだけどなぁ。

 お店に入って、「ロース肉カツ丼」を注文すると、「カツを揚げるのでちょっとお時間がかかりますけど、よろしいですか?」と女将さん。もともと時間のかかる料理だと思っているので、待つのは全然問題ない。
 ちょうどNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」が始まるところだったので、主題歌からボーッと見ていた。「お待ちどうさま」と「ロース肉カツ丼」が運ばれて来たのは、「半分、青い。」が終わり、ニュースが始まってしばらくしてからだった。

これが「ロース肉カツカレー」

 これが「ロース肉カツカレー」。超シンプルなビジュアルだけど、これが香りからして超旨そう。

横半分が切られている

 わかりにくいかもしれないけど、ロースカツは「スプーンで食べやすいように」という配慮からか、横半分にも切られている。何気ないことだけど、うれしいね。

では、いただきま~す

 では、ロースカツをひと切れ乗せ、ご飯と一緒にいただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ダイエットしている人にとっては、ロースカツの脂身は大敵なのかもしれないけど、私はロースカツの旨さは脂身にあると思っている。これがコロモに包まれて蒸し焼きにされることで柔らかくなり、噛むとジュワッと肉の甘さが口に広がる……これがたまらないんだよね。このたまらない旨味が、カレーのスパイシーさとご飯と一体になると、さらに旨さが倍増する。これがカツカレーの魅力なんだよね。
 いやあ、旨い! カレーはそんなに辛くはないけど、ロースカツの甘さというか旨味を引き立てるには十分。そば屋のカツカレーは侮れないなぁ。次もそば屋に行ってみようかな(笑)。




【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~7時30分
定休日:木曜と第3水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
[ 2018/07/14 06:59 ] 【そば】 しなの(萩山町) | TB(-) | CM(2)
( ^∀^)そろそろ
新秋津デリーの出番やなε=┏( ・_・)┛
[ 2018/07/20 21:14 ] [ 編集 ]
秋津ブラゼル様さんへ
コメントありがとうございます。
さあ、どうでしょうかね(笑)。


[ 2018/07/21 05:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR