30年の時を経て、とんかつ店が復活!

4 -
 久米川駅北口の交番横から市役所へと向かう道がある。「市役所通り」という名称が付いているのだけど、なぜか「税務署通り」と言う人が多い。
 その「市役所通り」を進むと、空堀川にかかる天王橋という橋がある。橋を渡ってすぐ左側には空き地があり、その先に和菓子店の「亀屋」、パン屋の「木村屋」、中華料理店の「昭和軒」と並んでいるのだが、その一番手前の空き地だったところに今年になってから、何やら家が建てられ始めた。
 私の自宅からすぐの場所なので、ちょっと気になって見ていたのだが、普通の家だと思っていたら、飲食店らしき看板が表に出されてビックリ。
 そして2018年7月2日、ついにオープン。それが今回紹介する、とんかつ店「とん亭」だ。

とん亭

 入り口も飲食店というより、普通の家という感じ。看板が出ていなければ、飲食店だとは誰も思わないだろう。

ランチメニューはこんな感じ

 入り口横にランチメニューが書かれた置き看板が出ていた。
 とんかつ店らしい、茶色メニューのランチだ(笑)。うれしいねぇ。

 メニューを見ていると、お店からお客さんが出て来た。あれ? このドア、横にスライドしてる。エッ、引き戸なんだ。よかったよ。普通のドアだと思って、引っ張るところだったよ(笑)。
 お店に入ると、中は予想通り、こぢんまりとしている。左側にカウンターが4席。その奥が厨房になっていて、大将と女将さんが忙しなく動いている。
 入り口の右側には2人掛けのテーブルが2卓。つまり8人で満席になってしまう、小さなお店だ。

湯飲みにお店の名前が書いてある

 私はお茶とおしぼりを出してくれた女将さんに「ロースカツ定食」(850円)を注文。
 湯飲みを見ると……おっ、お店の名前が書いてあるよ。いろいろ準備をして、満を持してのオープンということなのかな。
 そんなことを思いつつ、湯飲みを何気なく回してみると……。

湯飲みを回してビックリ

エエッ! (゚д゚lll) どういうこと?

 電話番号が書かれているんだけど、最初の番号が2ケタになっている。以前、東村山市の電話番号は市外局番が「0423」で、次に2ケタ、4ケタと続いていたのだが、確か1998年に市外局番が「042」となり、すべて「3」から始まる電話番号になった。つまり、この湯飲みは20年以上前につくられたモノというワケだ。
 私はすぐ、女将さんに湯飲みについて聞いてみた。

「30年前に、まさにこの場所でお店をやっていたんですよ。同じ店名で。空堀川の工事や西武新宿線関係の工事で立ち退きをすることになって、お店をやめたんですけど、いつかまたやろうということで取っておいたんですよね」

 ということは、30年ぶりの復活ということなのか。凄いなぁ。
 でも、さすがにこの電話番号はもう使えないですよね?

「いえ、大丈夫ですよ。電話番号も取っておいてましたから(笑)」

 エエッ、マジですか! 凄いなぁ。きっと、もともとお店を復活させるつもりはあったんだろうね。ただ、復活までに30年もかかるとは思ってなかっただろうけど。いやあ、凄い! 素晴らしい!

ロースカツ定食

 と、そこへ「ロースカツ定食」が運ばれて来た。メインのロースカツにご飯と味噌汁、冷奴にお新香が付いている。いいねぇ。

ロースカツ

 ロースカツにはたっぷりの千切りキャベツとマカニサラダが添えられている。

脂は少なめでヘルシー

 ロースカツはたまたま私のモノがそうだったのかもしれないが、脂身が少なく、ヘルシーな感じ。コロモはカラッと揚がっていて、見ていると「サクッ!」という音が聞こえそうだ。

何も付けずに1切れをパクッ

 まずはソースを付けずに、そのままひと切れをパクッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 コロモは予想通りサクッとしていて、肉は柔らかい。
 続いてソースをかけて食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ちょっと酸味のあるソースが、豚肉のほんのりとした甘さを引き立てている。一緒に千切りキャベツを食べ、ご飯を口に放り込む。うんうん、旨いッ!
 ここからはもう一気に食べていき、アッと言う間に完食。体のためには、もっとゆっくり食べた方がいいんだけど、旨いから一気食いしちゃうんだよね。

 それにしても30年の時を経ての復活とは、凄いねぇ。家も近いことだし、私は応援しちゃうよ。次は「特製豚丼」(700円)を食べようかなぁ。




【DATA】
住所:東村山市本町4-2-13
電話:042-394-5469
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後2時/ディナータイムは午後5時~8時
定休日:日曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





関連記事
ページトップ