東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

激旨の鶏レバ

「1軒目で、しかも昼飲みなら、この間みたいな大失態はさすがにしないだろう」と思い、お昼時に私が向かったのは……。

川島屋

 美住町にある居酒屋「川島屋」だ。
 先日、友人と八坂商店会にあるダイニングバー「HACHI」でランチタイムに飲みまくり(その時の記事はこちら)、そのあと江戸街道沿いのたこ焼き専門店「北海たこ焼」でたこ焼きをツマミにビールを飲み(その時の記事はこちら)、3軒目に「川島屋」を訪れ、酔いつぶれて眠ってしまうという大失態を犯してしまった私。今回、訪れたのは、そのリベンジというワケ。店長さんにもちゃんと謝っておきたかったしね。

「マサさん、気にしなくていいですよ」と店長さんに言われて、ホッとした私は早速、瓶ビール選びに(笑)。

瓶ビールは4種類ある

 このお店の瓶ビールはキリンの「クラシックラガー」、サッポロの「黒ラベル」、サッポロのラガーで通称「赤星」、そしてアサヒの「スーパードライ」がある。ビールとしての人気は「スーパードライ」が一番なのだけど、瓶ビールの中ではキリンの「クラシックラガー」がよく出るのだとか。

 店長さんによると、「ビールはやっぱりコレだよ」と言って飲む人が多いのだとか。その気持ち、私もよくわかる。初めて飲んだビールはキリンのラガーだったしね。あの苦みがいいんだよね。今は苦いビールなんてないからね。

 4種類も瓶ビールがあるから、飲み比べるお客さんもいるのだとか。この4つはどれも個性が強いから、飲み比べると面白いかもね。
 そんなことができるのも、このお店が居酒屋であると同時に酒屋でもあるからなんだよね。

キリンのクラシックラガーでお疲れさん

 キリンの「一番搾り」を置いているお店は多いけど、「クラシックラガー」を置いているお店はあまりないから、私は「クラシックラガー」をチョイス。久しぶりに飲む「クラシックラガー」は、昔のラガーほどの苦みはないものの、やはり旨い。

牛すじ煮込み

 最初に頼んだツマミは「牛すじ煮込み」(550円)。「モツ煮」(380円)を前回食べたから、今回はコレにしたんだけど、旨いねぇ。

鶏皮ポン酢

 そして頼んでないけど、店長さんが「鶏皮ポン酢」を出してくれた。これがまた旨いんだよね。ビールがクイクイ進んじゃうよ(笑)。

もも肉山賊

 で、来ました、来ました。前回、ひと切れ食べたあと、電池が切れたようにコトッと眠ってしまい、残してしまった「もも肉山賊」(850円)が。
 今回も凄いボリュームだね。

コロモはサクッ、中はジューシー

 見てくださいよ。コレですよ。旨そうじゃないですか。では、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 コロモはサクッとしていて、中は柔らかくてジューシー。これはもうビールが一番合うよね。「もも肉山賊」をひと切れ頬張りつつ、手酌でグラスにビールを注ぎ、グビッとあおる……カーッ、たまんないねぇ。何て充実した昼下がりだろうか(笑)。

箸休めの沢庵

「何かお新香みたいなモノ、ありませんか」と頼んだら、お母さんが沢庵を出してくれた。これがいい箸休めになって旨かったんだなぁ。


 このお店、よく見ると、メニューに焼き鳥があるんだよね。

*もも(1本120円)
*つくね(1本120円)
*とり皮(1本120円)
*ヤゲン(1本120円)
*ねぎま(1本130円)
*皮巻にんにく(1本130円)
*皮巻ゴボウ(1本130円)
*とりレバ(1本150円)
*とりハツ(1本150円)


 たぶん旨いと思うから、全部、ひと通り食べてみたいけど、さすがにあのボリュームの「もも肉山賊」がまだ残っているから、私は「とりレバ」と「とりハツ」を2本ずつお願いした。タレと塩があるんだけど、店長さんのオススメの食べ方でとお願いしてみた。

とりハツ

 これは「とりハツ」。塩なんだね。食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 柔らかくてジュワッと旨味が口に広がる。いいねぇ。

とりレバ

 続いて「とりレバ」。こちらはタレなんだね。もう見るからに、焼き加減がレアっぽくて旨そう。タレによるツヤと焦げ目がまた、たまんないね。

これが激旨!

 ではでは、いただいちゃいますね……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 タレが甘くないんだけど、それが逆に鶏レバのほのかな甘さを引き立てている感じ。食感は予想通り、柔らかくてトロッとしている。コレ、激旨だわ。
 ビールもいいけど、ちょっと日本酒が欲しくなるなぁ。

辛口の日本酒「秀鳳」

 ということで、店長さんがイチ押しする、山形県は山形市の「秀鳳酒造」の特別純米酒「秀鳳」を頼んでみた。日本酒度がプラス10の超辛口のお酒。飲むと、水のようにスーッとノドを滑っていく。すっごく飲みやすくて、すっごく危険なお酒だ(笑)。まあ、旨いから飲んじゃうけどね。


 いやあ、飲んだ、飲んだ、食べた、食べた。「なんちゃって菜食生活」を忘れて、肉三昧になっちゃったけど、たまにはいいんじゃないかな。それにしても、あの「とりレバ」、旨かったなぁ。今度は昼飲みで、焼き鳥をひと通り食べてみようかな(笑)。




【DATA】
住所:東村山市美住町1-6-14
電話:042-391-1683
営業時間:午前11時~午後2時/午後4時30分~10時
定休日:水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR