東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

チャレンジ!油そばの大盛り

 そこそこお腹が空いた状態の昼下がり。「ちょっくら“山登り”でもしたい気分だな」と思った私。東村山駅構内にある立ち食いそば屋「秩父そば東村山駅店」の「鴨つけ」のそば5玉バージョンである「武甲山盛り」も考えたが、もっと近場に制覇したい“山”があることを思い出した。

ラーメン専門店 和

 それは久米川駅南口のラーメン店「ラーメン専門店 和」の「油そば」(660円)の大盛り(プラス130円)だ。スープがない分、ボリューム的には楽勝なんだけど、脂のこってり濃度は増すから、50代半ばの私にはちょっと厳しい“山”とも言える。

 私はこってり濃度を緩和し、さらに旨くしてくれるだろうと期待して「ネギ油そば」(860円)を選択。もちろん、「大盛」の食券ボタンもポチッとしましたよ(笑)。

「ネギ油そば」の大盛り

 しばらくしてカウンター越しに置かれたのが、こちら。いやいや、丼がデカいから大したことないように見えるかもしれないけど、実際に目にすると結構な迫力だよ。
 だって横から見ると……。

横から見ると、山なんですよ

 コレだもん(笑)。エッ? “山”じゃなくて“丘”だって? まあ、見た目はそんな風に感じるかもしれないけど……。

底にはこってりの脂

 この脂だからね(笑)。緩和してくれるスープがなく、ただ脂のみ。だけど、コレをかき混ぜて食べるとたまらなく旨いんだよね。

麺のアップ

 ということで、箸で底から引っくり返すように何度も何度もかき混ぜてから、テラテラと脂まみれで光る麺を引き出し、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 この食べ方を最初に考えた人って、凄いね。よくこんな不健康なのに旨いラーメンを考えたもんだよ(笑)。

途中でラー油を投入

 途中でラー油を投入。辛さが加わって旨いんだけど、考えてみたら、ラー油も油なんだよね。辛さとともにこってり度も増した感じ(笑)。

さらにブラックペッパーを投入

 さらなる味変を求めて、今度はブラツクペッパーを投入。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 まあ、合わないワケないよね。味がさらにシャープになる感じ。

 最後、残り3分の1くらいになったところで酢を投入。すると、こってり感がピタリと消えて、マイルドな味わいになる。そのままワシワシと食べ続けて……。

完食

 完食! 最初は濃厚そうな脂にちょっとビビッたけど、思ってたよりラクに食べ切ることができた。
 さてさて、次に“山登り”気分になった時は、どこの“山”にチャレンジしようかな?(笑)




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-23
電話:042-396-2787
営業時間:月~木曜は午前11時30分~翌朝5時/金・土曜、祝前日は午前11時30分~翌朝6時/日曜は午前11時30分~翌朝4時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR