東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

旨過ぎて箸が止まらない混ぜそば

 前回食べに行ってから、いつも「また行きたい」と思いつつ、早1年も経ってしまった。「今日こそは食べに行くぞ」と私はバスに乗り新秋津駅に向かった。
 目指すお店は……。

麺.丼Dining夢者

 混ぜそばをウリにする独特なスタイルのラーメン店「麺.丼Dining夢者」だ。
 まあ、このお店のフェイスブックツイッターを見てくださいな。ヒゲの店長さんが連日、写真付きで旨そうなラーメンを紹介するんですよ。しかも次々と新しいメニューを生み出している。これが本当にどれも旨そうなんですよ。
 で、実際にどれも旨いらしい。
 秋津駅近くにある「あきつ駅前接骨院」では院長さんをはじめスタッフ全員がこのお店の常連で、ブログにそれぞれが食べたラーメンのTPO3を乗せた記事があるのだが、全員のTOP3が全くバラバラ。1つとしてダブッていない。これって凄いことだと思いませんか?


 ということで、階段をトントントンと上がって2階にあるお店へ。

限定メニューはTwitterで確認を、だって

 置き看板に何やら貼り紙がある。

「お手数をお掛け致しますが、限定メニューはTwitterを確認の上で注文お願いします」

 ハイハイ、わかってますよ。ちゃんとチェックしてますって(笑)。この日の限定メニューは、

*台湾混ぜそば
*コリアン混ぜそば
*混ぜそば豚ゴリラ
*汁あり濃いSIO
*汁あり山椒SOBA


 ここまではちゃんとチェックしており、私は「台湾混ぜそば」を食べる気マンマンでいたのだが、いざお店に入り券売機の前に立つと、どのボタンを押していいかわからない。お店の人に「台湾混ぜそばはどれを押せばいいんですか?」と聞くと、「限定メニューのボタンを押してください」という答えが返ってきた。なるほど、連日変わるから、「限定メニュー」(850円)の券を買って、席に着いてから何を食べたいのか言うシステムなのね。

 私は「限定メニュー」の券を持って、空いているカウンター席に座り、「台湾混ぜそばを」とお願いした。「麺の量はどうしますか?」と聞かれたので、私は「大」でお願いした。「大」と言っても300gだから余裕でしょ。何せ、武蔵野うどんの「なつ丸」で1kgのメガ盛を食べたことがある私ですから(笑)。

台湾混ぜそば

 しばらくして、来ました、来ました! これが「台湾混ぜそば」。何となく「本当にこれで『大』なの?」と思うかもしれないけど、この丼、横から見ると、かなり深いんだよね。

美しいビジュアルだ

 それにしてもこのビジュアル! 美しいねぇ。混ぜるのがもったいない感じ。

まずは麺を引き出して…

 まずは混ぜずに具材の下から麺を引っ張り出してズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 この太麺、そのまんまでもかなり旨い。この麺に、乗っている具材を絡めて食べるワケだ。旨くないワケないよね。

混ぜるとこんな感じに

 ワシワシと箸で混ぜると、こんな感じになった。せっかくビジュアルが台無しだが、これをズズズッといただくと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうね、箸が止まらない。旨過ぎるよ。玉ねぎ、ニンニク、魚粉、チャーシュー、ニラ、卵黄などなど、いろんな味が、いろんなパターンで麺に絡んで口の中に飛び込んで来て、広がっていく。いやあ、幸せ。このままずっと食べ続けたい感じ。

麺を食べ終えると具材が残った

 でも終わりは必ず来る(笑)。麺を食べ終えると、麺に絡み損ねた具材が丼の底に残っている。「台湾混ぜそば」はここから、もう1つの楽しみ方がある。

ライスを入れてもらい、かき混ぜる

 ライスを少し、入れてもらうのだ。「台湾混ぜそば」の場合、このライスは無料で入れてもらえる。
 このライスをレンゲでかき混ぜて……。

旨いに決まってるじゃないですか

 こんな感じになりました(笑)。では、いただきま~す。

旨いに (゚д゚lll) 決まってるじゃないッスカ!!

 いやいや、幸せ過ぎるよ。

完食

 当然の完食。お腹一杯になったし、満腹感もハンパない。この「台湾混ぜそば」、いろいろと内容が入れ替わるこのお店の「限定メニュー」の中で、常にラインナップにあるから気になって食べたんだけど、これは人気になるよね。私以外にも「台湾混ぜそば」を注文する人、結構いたもんね。


 このお店、食べたいメニューがほかにもいっぱいあるし、たぶん今後もヒゲの店長さんがドンドン新しいメニューを開発するだろうから、早い機会に再訪しちゃうだろうなぁ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR