東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

武蔵野うどん的なつけ麺

 今年6月にオープンしたばかりのラーメン店「まいど」は、

*濃厚つけ麺(780円)
*淡麗豚汁つけ麺(780円)


この2つをどうやらウリにしているらしい。ということで、前回、「濃厚つけ麺」を食べた私は、「淡麗豚汁つけ麺」を食べてみることにした。
 同じ値段で特盛(440g)までできるので、今回は特盛でお願いしてみた。

淡麗豚汁つけ麺の特盛

 これが「淡麗豚汁つけ麺」の特盛。

器からこぼれんばかりの麺

 極太の麺が器からこぼれんばかりに入っている。これはすごい量だねぇ。食べられるのかなぁ?

つけ汁

 これがつけ汁。豚バラ肉がたくさん浮かんでいて、濁りのない澄んだ醤油色のスープを見た時、私の頭に真っ先に思い浮かんだのは、武蔵野うどんだ。
 スープだけ飲んでみると、醤油スープに豚バラ肉の脂の甘さが溶け込んでいて、武蔵野うどんっぽい。というか、武蔵野うどんのつけ汁より、旨味が強い。

麺のアップ

 では、麺をつけ汁にサブンと浸してから、いただきま~す……おおっ、やっぱりコレって武蔵野うどんだよ。旨い、旨い。
「武蔵野うどん」だと思えば、この特盛の量、余裕だね。「きくや」で言えば、4~5Lぐらいだもん。軽い、軽い(笑)。

ユズ酢を投入

 と、ここで卓上調味料の中に、あるモノを発見。「ユズ酢」だ。確か「淡麗豚汁つけ麺」はユズ酢を入れると、さらに旨くなるという話をどこかで聞いたなぁ……てなワケで、ユズ酢をつけ汁に軽くひと回し。で、極太麺を付けて、ズッ、ズズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これは驚いたね。ここまで劇的に変わるの?というぐらい旨くなった。ユズ酢を入れたら、まさに「淡麗」になったよ。酸味とユズの香りでサッパリ感が倍増。さらに武蔵野うどんっぽくなった。
 こういう変化をするなら、最初から入れれば良かったなぁ。
 途中、さらにユズ酢を追加投入。最後まで味に飽きることなく完食することができた。

最後はスープ割り

 残ったつけ汁をスープ割りしてもらったのだが、スープ割りをしたらユズの香りがさらに引き立って、ゴクゴク飲める。
 いやあ、旨かったなぁ。でも私の中では、これをラーメンと言うことには何だか違和感があるなぁ。それほど武蔵野うどんっぽいんだよね。これならたぶん、デカ盛(550g)もイケるね。近々チャレンジしてみようっと(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/08/08 19:25 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR