東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

昼から焼き鳥で一杯

 諏訪町にある大衆食堂「たけうち食堂」で、昼から「もつ煮込み」をツマミに一杯やった私だが、実は「焼き鳥で一杯やりたいなぁ」という気持ちは続いていた。だけど、昼からやってる焼き鳥店って、なかなかないんだよね。
 西宿通りを東村山駅方向に歩きながら、「そうだ!」と思い出して、焼き鳥店の「ほりうち」に向かったけど、まだちょっと時間が早かったのか、お店は開いてなかった。

「うーん、困った」と思いつつ、さらに歩いていると、「あっ!」とあることを思い出した。向かったのは……。

備長扇屋 東村山店

 東村山駅東口は府中街道と鷹の道の交差点にあるチェーン系の焼き鳥店「備長扇屋 東村山店」。ここは確か……。

昼呑みをやっているんだよね

 ホラホラ、「昼呑み」をやっているんですよ。しかも平日は午前11時30分から。

熱燗で乾杯

 ということで、お店に入り、熱燗を注文。よく歩いて体はポカポカなんだけど、染みわたるお酒が欲しかったんだよね。お猪口に注いで、グビリ……いやあ、染みるぅ~ッ! 働いている皆さん、ごめんなさい。昼から飲む熱燗、最高っス!(笑)

塩ダレキャベツ

 焼き鳥を注文したけど、焼き上がるまで時間がかかるだろうから、軽いツマミを注文。まず運ばれて来たのは「塩ダレキャベツ」(200円+税)。いやいや、これはボリュームがあっていいねぇ。しかも旨い。

オニオンスライス

 そしてビックリしたのはコレ。「オニオンスライス(小)」(200円+税)なんだけど、普通はせいぜいカツオ節が乗っているくらいじゃない。それがこのお店の場合、カイワレと卵黄が乗ってるから、もうビックリだよ。卵黄を崩して軽くかき混ぜて食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いや、これはいいよ。これだけでお銚子1本空いちゃうよ(笑)。

左から「せせり」「焼鳥にんにく」「皮」「やきとり」

 と、そこに待望の焼き鳥が到着。まず来たのは、タレで頼んだモノ。左から「せせり」(1本120円+税)、「焼鳥にんにく」(1本130円+税)、「皮」(1本110円+税)、「やきとり」(1本80円+税)。
 以前、息子と一緒に食べた時は、それほど旨いと感じなかったけど、今回は「焼き鳥を食べたい!」と渇望していたせいか、どれも凄く旨く感じる。

左が「砂肝」、右が「ハツ」

 続いて塩で頼んだ「砂肝」(=写真左、1本130円+税)と「ハツ」(1本120円+税)が到着。塩も旨いなぁ。コリコリした「ハツ」は熱燗にもよく合うよ。


 いやあ、「焼き鳥で一杯」という気分を満たして大満足。まだ明るい中をほろ酔い気分で歩く幸せ! いやいや、昼飲みは人をダメにするねぇ(笑)。ハマッちゃいそう(笑)。




【DATA】
住所:東村山市本町1-19-24
電話:042-394-6550
営業時間:平日は午前11時30分~午後2時、午後5時~深夜0時/土・日曜は午後3時~深夜0時
定休日:無休
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
前回更新の記事に、続きがあり、そこで満足されるとは…
昼呑みの魅力、良くわかります
あまり堕落し過ぎぬようにしなければと、戒めているところです
[ 2018/02/21 23:22 ] [ 編集 ]
萩山町在住さんへ
コメントありがとうございます。
昼飲みは危険ですね。
なるべくしないようにと心がけているのですが……まあ無理でしょうね(笑)。


[ 2018/02/22 05:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR