東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

沖縄料理で菜食飲み

 肉、魚、乳製品、玉子はなるべく食べないようにする「なんちゃって菜食生活」を始めた私。幸いなことに、ビール、日本酒、ウイスキー、焼酎などアルコール類のほとんどは植物由来なので、お酒は存分に飲める(笑)。問題はツマミだ。肉、魚、乳製品、玉子がなるべく入っていないツマミで一杯やる“菜食飲み”って、どこまで可能なのか?

 ということで、今回は沖縄料理で試してみることにした。友人とともに向かったのは、久米川駅南口の沖縄料理店「美・ちゅら」

シークワサービールで乾杯

 お店に入ると、テーブル席はお客さんでいっぱい。繁盛してるねぇ。
 私は友人とともにカウンター席に座り、まずはシークワサービールで乾杯。お通しは枝豆。野菜メニューでうれしいよ。

 このお店に来ると、必ず「スーシカー」や「ミミガー」、「ラフティー」、「スクガラス」などを頼んでいたけど、菜食飲みとなると、これらは頼めなくなってしまう。

島らっきょ

 ということで最初に頼んだのは、「島らっきょ」(580円)。カツオ節がいっぱい乗っているが、これは調味料ということで(笑)。
 久しぶりに食べたけど、旨いなぁ。

オニオンゴーヤサラダ

 これは「オニオンゴーヤサラダ」(580円)。これにも大量のカツオ節が乗っている。でもコレがあるから旨いんだよね。

冷しトマト

 個人的にはあまり頼まないんだけど、今回は頼んだ「冷しトマト」(480円)。なぜ頼んだかというと、メニューにこう書いてあったからだ。

(沖縄流の食べ方してみます?)

「沖縄流の食べ方」って何だろう?と思って頼んだんだけど、「冷しトマト」と一緒に調味料が2つ出てきた。右は塩。左の小皿に入ったモノは……砂糖なんですよね。
 昔のトマトはクセがあったから、私も砂糖をかけて食べていたけど、いつの間にかかけなくても平気になったんだよなぁ。「沖縄流の食べ方」ってことは今も、砂糖をかけて食べる人がいるってことなのかな?
 久しぶりに砂糖をかけて食べてみたけど、懐かしさも相まって意外と旨く、塩を使うことなく最後まで砂糖で食べてしまった。

もずくの天ぷら

 〆は友人が頼んだ「もずくの天ぷら」(680円)。コレ、このお店で何度も食べてるけど、旨いよねぇ。

見た目はちょっとグロいけど、食べるとメチャ旨!

 見た目はちょっとグロいけど、食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これはハマる味だよね。まだ食べたことないという人は、ぜひ食べてみて欲しいな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:月曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
[ 2017/08/18 04:53 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR