東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

噛んで噛んで噛み締めるほどに旨い武蔵野うどん

 久米川駅北口の交番の横から東村山市役所の裏、東村山税務署へと延びる「市役所通り」(ここを「税務署通り」と呼ぶ人がいるけど、交番の横、そして税務署の近くにちゃんと「市役所通り」という看板が出ているから確かめてみてね 笑)。
 この通りにはもともと飲食店が多かったんだよね。市内最大の事業所である市役所へと続く道だから、立ち寄る人が多かったんだろうね。でも、どんどん飲食店が減っていった。
 私が東村山市に移り住んできた2000年当時は、市役所のすぐ裏の「市役所通り」沿いに3軒の飲食店があった。それが1つ減り、2つ減り、ランチ専門の「B」だけとなったのだが、それも2015年に閉店してしまった。

 何とも寂しくなってしまったこの場所に2016年12月、新たに飲食店がオープンした。

なつ丸

 それが今回紹介する武蔵野うどん店「なつ丸」だ。入り口すぐ横にうどんを打つスペースがあり、外から見えるようになっている。その窓の下には、こんな貼り紙が……。

土曜は「手打ちうどん教室」をやってるんだ

 へぇ、土曜は「手打ちうどん教室」をやってるんだ。ということは、営業しているのは、平日の昼間だけなのか。都心で働くサラリーマンの皆さんには、ちょっとハードルの高いお店かもしれない。

 お店に入ると、4人がけと5人がけの大きなテーブルが2卓あるだけ。富士見町の讃岐うどん店「こげら」もこぢんまりとしたお店だけど、このお店はさらにその上をいく、こぢんまりさだと思う。
 先客が何人かいて、当然のごとく「こちらの席へどうぞ」と相席を薦められた。でもこの雰囲気、悪くない。

メニューはこんな感じ

 テーブルに置いてあるメニューを見ると、こんな感じ。武蔵野うどんのお店だから、当然「特製肉汁うどん」を頼むとして、問題は麺の量と、温もりにするか冷やもりにするかだ。
 量はこんな感じだ。

*並盛(660円)……300g
*大盛(780円)……500g
*特盛(900円)……700g
*メガ盛(1080円)……1kg

 メガ盛でもイケるような気がしたのだが、この日は珍しくシッカリ朝ご飯を食べちゃったから、私はちょっと抑えて特盛にすることにした。
 残る問題は、温もりにするか冷やもりにするか、だ。これが夏なら迷うことなく冷やもりにするんだけど、寒いから温もりにしたい気持ちが出てくるんだよね。何となく自分では決められそうにないので、店員のお姉さんに「どちらがオススメですか?」と聞いてみた。

「冷やもりが武蔵野うどんの王道です」

とキッパリ言い放つお姉さん。これには背筋がピンッと伸びたね(笑)。OK、了解。
 私は「特製肉汁うどん」の特盛を冷やもりでお願いした。

メニューの裏にはこんな一文が

 待っている間、何気なくメニューを裏返すと、こんな文章が……。特に気になったのは、

のど越しは、ツルツル・シコシコというより
「ワシワシ・ガツガツ」といったワイルド系


という一文。「ワシワシ」ということは、たぶん太めのうどんなんだろうな。わからないのは「ガツガツ」。固いってことなのかな?
 そんなことを考えていると、来た、来た、来たーーーッ!

「特製肉汁うどん」の特盛

 これが「特製肉汁うどん」の冷やもりの特盛。つけ汁である肉汁が大きめの器にたっぷり入っているところが、何となく閉店した武蔵野うどんの名店「とき」を彷彿させる。

さすが「特盛」。ボリュームたっぷりだ

 それにしてもこのボリューム! 「特盛くらい、軽いだろう」と思っていたのだが、これはちょっと手強いかも。

うどんはゴワッとした感じでよじれている

 うどんは真っ白ではなく、ほんのり褐色がかっている。太くて艶っぽくテカッているが、よく見ると、ゴワッとした感じでよじれている。あの一文を読んだせいだろうか、何となく固そうにも見える。

肉汁は肉がいっぱい

 肉汁は豚バラ肉がたっぷり入っている。

おや、こんなデザートが付いてるんだ

 おや、こんなデザートが付いているんだね。甘いモノ大好きだから、これはうれしいな。

それではいただきま~す

 それではうどんを肉汁にザブンと浸して、いただきま~す……。

んんん!?

 普通はツルンと口に入れたら、ムシャムシャと少し噛んで、ゴックンという感じなんだけど、これは「ムシャムシャ」では済まない。
 ワシワシワシワシ、ガツガツガツガツ……そしてようやくゴックン。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 何だこの固さは? と思ったけど、噛むほどに小麦の香りがし、うどんの旨味がギュンギュンと染み出る。

おっと、コレを入れるのを忘れていたよ

 よく見ると、うどんの向こうに刻みネギとほうれん草があった。おっとっと、コレを入れ忘れていたよ。

豚肉と一緒にお口にIN!

 今度は豚バラ肉と一緒にいただきますかね。お口にIN! ワシワシワシワシ、ガツガツガツガツ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 シッカリ噛まなきゃ飲み込めないうどんだから、ワシワシ、ガツガツと噛むんだけど、当然ながら豚バラ肉も一緒に噛むワケじゃないですか。人生でこれほど豚バラ肉を噛み締めたのは初めてだと思う。もうね、豚バラ肉の旨味とうどんの旨味が、「これでもか!」って言うくらい染み出て、噛むほどに旨さが増してくる。こんなの初めてだよ。

 今度は長ネギで、次はほうれん草で、その次は長ネギと豚バラ肉一緒で……といろいろなパターンでうどんを食べると、シッカリ噛むからそれぞれの旨味がたっぷり出て旨いこと、旨いこと。これはたまんないね。

肉汁も飲み干して完食

 最初はちょっと怯んでしまったけど、何とか特盛のうどんを食べ切り、肉汁も飲み干して、完食。最後にデザートを食べて……。

うーんO(≧∇≦)O満足!!!

 何とも凄い武蔵野うどんのお店がオープンしたモノだ。次はメガ盛だね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市本町4-6-13
電話:042-392-0710
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:土曜・日曜・祝日
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





[ 2017/02/16 10:40 ] 【うどん】 なつ丸(本町) | TB(-) | CM(2)
そんなに凄いですか?
ときさんを彷彿するようですか?行きたいですが平日のみなのでハードル高いですね。
[ 2017/02/16 19:59 ] [ 編集 ]
119さんへ
コメントありがとうございます。
ちょっと誤解があるようで……「とき」を彷彿というのは、あくまでも肉汁の入った器の話で、うどんそのものは「とき」とは違う、「きくや」とも違う、独特なモノです。でも旨いですよ。
おっしゃる通り、ハードルが高いのですが、ぜひ機会をつくって食べてみてください。




[ 2017/02/16 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR