東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祝!10年目突入!

 久米川駅南口にある“気どらんBAR”がウリの「氣ごころ」
 ここのところ、ホントご無沙汰で、私は全然行ってなかったんだよね。
 2016年12月始めに行われた9周年イベントにも仕事の関係で行けなかったけど、年も押し迫った12月27日にようやく顔を出すことができた。
 と言っても、仕事明けの午前5時30分ごろだけどね。店内はカウンターに飲み疲れてウトウトしているお客さんが1人いるだけ。

 私はカウンターに座ると、生ビールを注文。

生ビールで乾杯

 ひと口飲んで「あれ? いつものプレミアムモルツじゃない」。
 どうやらコレ、埼玉県は川越市の地ビール「COEDO」のピルスナービール「瑠璃」の生ビールのようだ。

「こんなビールばっかりで、もう飽きたよ」

「エッ、飽きた?」

「だってさ、これじゃあ、成人になったばかりで初めてビール飲むヤツが『旨い!』って言っちゃいそうじゃない。やっぱりビールはさ、初めて飲んだ時に、『何コレ! 苦ッ! こんなの大人はよく飲むよなぁ』というモノじゃなきゃ」

 いきなりこんな暴言が吐けるのは相手がマスターのあっくんだから。
「そういうもんですかねぇ」などと言いながら、手を休めずお通しをつくるあっくん。出て来たのは……。

温かいお通し

 お通しとは思えないクオリティーの担々風肉豆腐。仕上げに豆腐をバーナーでひと炙り。手間がかかっているのにサッと出てくるのは、ちゃんと準備をしているから。
 外は寒かったから、温かくてちょいピリ辛のこのお通しはシミジミ旨かった。


 話は男同士ならではの下ネタに突入。こういう話、男同士でも私はあんまりしない方なのだが、あっくんが相手だと日ごろのリミッターが外れて気軽に話せる。
 そこへ、以前「氣ごころ」で働いていて、今は新所沢に自分のお店を持つはじめくんがフラリと入って来て、さらに話が盛り上がった。

 いやあ、楽しかったなぁ。わずかな時間だったけど、普段、ほかの人とはできない話がいっぱいできてスッキリしたよ。
 で、楽しすぎたおかげで肝心なことを言い忘れちゃったよ。


 あっくん「氣ごころ」の9周年、そして10年目の突入、おめでとう! 全然いいお客じゃないけど、またフラリと寄らせてもらいますね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-3-2階
電話:042-309-5560
営業時間:午後8時30分~翌朝6時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。