東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

大勢で賑やかに角打ち

 時々イベント的に「角打ち」をやってくれる久米川駅南口の酒屋「水新酒店」。8月の始めに、フェイスブックでこんな告知を出していた。

角打ちの告知

 今度はお盆期間中に開催なんだね。以前から「行ってみたい」と言ってた友人に声をかけて、土曜日の午後2時ごろに行くことにした。

水新酒店

 近くのスーパーでツマミを買って、いざお店へ。中に入ると、すでに4人ほどいて、テーブルに刺身などのツマミを広げて盛り上がっていた。
 テーブルのスペースを少し空けてもらい、友人と2人して座り、買ってきたツマミを出す。
 さあ、飲みましょうか。

1杯目は「大那」

 私が頼んだ1杯目は、栃木県は大田原市にある「菊の里酒造」の純米吟醸酒「大那」。兵庫県加東市東条町産の山田錦で醸したモノだ。冷蔵庫から出したばかりの最初のひと口はスッキリ、スルリという感じだけど、手元に置いておいて少しずつ室温で温められていくと、米の味わいが口に広がっていく。旨いなぁ。

友人は「結」

 友人が頼んだ1杯目は、茨城県は結城市にある「結城酒造」の純米吟醸酒「結(ゆい) まっしぐら亀口直汲み」。日本酒らしい酸味と米の甘みがたまらない。

2杯目は「夏ノ寿」

 2杯目に頼んだのは、栃木県塩谷町にある「松井酒造店」の純米吟醸酒「夏ノ寿」。これは「純米吟醸 無濾過生原酒」と「純米吟醸 かすみ酒」をブレンドし、さらに超軟水の天然水を加えたお酒。軽くスッキリした味わいで、スルスルッと飲めちゃう。

3杯目は「萩の鶴」

 3杯目は、宮城県栗原市にある「萩野酒造」の純米吟醸酒「萩の鶴」。ちょっとクセがあるんだけど、それがすごく印象に残り、いつの間にかハマッてしまう。今回飲んだ中では、個人的にはコレが一番旨かったなぁ。

4杯目は「男山」

 〆に頼んだのは、青森県八戸市にある「八戸酒造」の超辛純米酒「陸奥男山」。「超辛」と言うだけあって、スッと飲める。ちょいと危険なお酒だね、コレ。


 飲んでいる間にもお客さんが次々と入って来て、店内は大賑わい。同じ日本酒を飲んでは、ああでもない、こうでもないと語り合うのは何とも楽しい。そこに店主からのトリビア的な情報が加わり、さらに盛り上がったりなんかして。
 ほかの人が用意したツマミをいただいたりして、かなり飲み食いした気がするんだけど、料金は飲んだ日本酒の分だけ。何だかすごく安く酔っ払った気がする(笑)。

 いやあ、大勢で飲む角打ちも楽しいなぁ。次はいつなんだろう? 早くも次回の角打ちが楽しみで仕方ないよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-12-1
電話:042-306-2963
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:月曜
ホームページはこちら
ブログはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR