東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

惜別のネギミソ

 私が東村山市に越してきた2000年当時、久米川駅周辺のこってりラーメンと言えば、南口の「ラーメン専門店 和」と、同じく南口にある「ガッツラーメン」が双璧だった。
 体には決してよくないとわかっていても、なぜか無性に食べたくなる時があり、私もこの2つのお店には何度もお世話になった。

 その2店のうちの1つ、「ガッツラーメン」が2016年7月31日をもって閉店するという情報が飛び込んで来た。驚くと同時にすぐに「最後に食べに行かなきゃ」と思った私。閉店前日の7月30日の夕方にお店に行ってみた。

ガッツラーメン

 置き看板が光っていて、いつもと変わらない「ガッツラーメン」の佇まいだ。
「本当に閉店するのかな?」と思いつつ、「閉店するとしたら、最後に何を食べよう?」とボーッと考えていたのだが……。

最後は「自慢のネギミソ」にしますか

 置き看板の「自慢のネギミソ」の文字を見て、「そうだった。このお店は『ネギミソ』がウリだったんだよなぁ。じゃあ、最後の一杯はコレで決まりだな」と思った私。
 そのままお店に入ろうとすると、入り口に貼り紙があることに気がついた。

開店してから20年なんだ

 やっぱり閉店するのか……。
 20年、駅から離れたこの場所で頑張って来たんだ。凄いよなぁ。それだけに寂しいなぁ。

 お店に入り、券売機の前に立った私は「ネギミソ」のボタンを押そうと思ったが、「どうせなら奮発しちゃおう」と「ネギミソチャーシュー」(1050円)をポチッ。

ネギミソチャーシュー

 しばらくして出て来たのがコチラ。チャーシューがちょっとくたびれちゃってるけど、「閉店する」と決まっていたら、そりゃなかなかガッツも出ないよね。

以前ほどこってり感はない

 スープも以前ほどのこってり感はない。とてもマイルドで食べやすい味だ。

麺のアップ

 麺はいつもの中太。以前のようなこってり感はないけど、スープはよく麺に絡み、ネギと一緒に食べるとさらに旨くなる。

生ニンニクでガッツを注入

 でも少しだけこってり感というか、「ガッツ」が欲しかったので、生ニンニクをクラッシュして投入。
 うんうん、シッカリ「ガッツ」が注入されたよ(笑)。

スープを飲み干して完食

 スープを飲み干して完食。周りを見ると、満席ではないものの、お客さんが途切れることなく入ってくる。
「まだまだ大丈夫だと思うんだけどなぁ」と思いつつ、お店のオヤジさんに「どうして閉店するんですか?」と率直に聞いてみた。

「この建物を取り壊すっていうからね。隣のちゃんこ屋さんも先月、閉店しちゃったよ」

 そういう事情なら、別の場所で営業を再開ってこともあるのだろうか?

「いや、もうやらないよ。いい潮時だと思うよ」

 ああ、そうなんだ。本当にコレが最後の一杯なんだ。寂しいなぁ。

後日行ってみると…

 後日、8月に入ってからお店に行ってみると……。

こんな貼り紙が

 本当に閉店しちゃったんだなぁ。
 2軒先にあるちゃんこ料理店「ちゃんこ日高山」の前に行くと……。

となりの「ちゃんこ日高山」にもこんな貼り紙が…

 こちらはひと足早く、2016年6月28日に閉店したようだ。あの塩ちゃんこ、もう一度食べたかったなぁ。

 居酒屋「駿」があり、とんかつ屋の「たけくらべ」があり、「ガッツラーメン」があり、「ちゃんこ日高山」あり……と、ちょっとした飲食街を形成していたのだが、それらがゴッソリとなくなってしまった。
 この建物が取り壊され、新しい建物ができたら、これらのお店があったことを多くの人は忘れてしまうだろう。それは仕方のないことだ。

 ここ数年、「惜別」記事を書くことが多いのだが、せめてこのブログに忘れられていくお店の記録と、自分の舌の記憶をできるだけ書き残しておきたいと思う。そのためにも、頑張ってもう少し食べ歩かないとね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-26-8
電話:042-398-0898
営業時間:午前11時~深夜1時(日曜・祝日は午前0時まで)
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





関連記事
寂しいですね
ホントに寂しい限りです・・・
ガッツラーメンさんは、実はうちの近所に有ったんですよ。小川町に。
移転されてからは中々食べに行く機会がなく残念でした。
ニンニクのパンチが効いたらーめんでしたね。
[ 2016/08/21 22:07 ] [ 編集 ]
komiさんへ
コメントありがとうございます。
小川町にあったんですか。知りませんでした。
時代の流れなのでしょうか、徐々に味はマイルドになっていったように思います。
でもなぜか「ここ一番」という時に食べたくなるラーメンでした。店名のせいでしょうかね(笑)。
閉店は本当に寂しいし、残念です。


[ 2016/08/30 09:35 ] [ 編集 ]
8月初めに家族で行って、閉店を初めて知りました。
長年通っていたのに、閉店を知らず、店の前で愕然としました。
独身のとき、結婚してから、妻が妊娠して、子供が生まれて、二人目が生まれて・・・
すべてを見守ってくれたガッツラーメンがなくなって、
いまだに心に空いた穴が埋められません。
近所でもう一度、復活させてほしいです。
[ 2016/10/01 00:24 ] [ 編集 ]
NO NAMEさんへ
コメントありがとうございます。
私も本当に残念に思います。
復活して欲しいのは山々なのですが、オヤジさんの口ぶりからいって、復活はおそらくないでしょう。
残念です。


[ 2016/10/03 19:51 ] [ 編集 ]
今更ですけどガッツラーメン閉店したって聞いて拝見させてもらいました
成人してから全然行かなくなってもっと行っとけば良かったと後悔です
また食べたいなあって思うんですけどここと似たラーメンありませんか?
[ 2017/01/26 18:40 ] [ 編集 ]
NO NAMEさんへ
コメントありがとうございます。
人から聞いた話なので、確かではないのですが、「ガッツラーメン」はもともと「ラーメンショップ」系らしいです。言われてみれば、確かに丼は「ラーメンショップ」でよく見る、大きくて底の浅いものです。そしてラーメンの見た目も似ていると思います。
ただ、味はちょっと違うかもしれません。

あまり参考にならなくてすみません。


[ 2017/01/26 19:35 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
[ 2017/01/26 20:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR