東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

モーニング専門店の裏メニュー

 先日、ランチ専門の喫茶店「B」の閉店について記事にしたが、久米川駅南口にモーニング専門店があるのをご存知だろうか? 
 場所は野火止通り沿いにあるビジネスホテル「セントピア」の1階。

さんぽみち

「さんぽみち」という、ホテル内レストランだ。基本的には宿泊客のためのレストランなのだが、ホテルの入り口とは別にお店の入り口を設けて、宿泊客以外の一般のお客も入れるようになっている。
 以前はランチ営業もしていたのだが、事情があってランチをやめ、朝食のみの営業となっている。
 普段、昼間に野火止通りを歩く人は「このお店はいつも閉店しているなぁ」と思うだろうが、朝行くと……。

朝はちゃんと営業している

 ほら、ちゃんと営業している。ただね、営業時間が、

午前7時~9時30分

と、たった2時間半しかないから「いつ見ても閉まっている」と思っている人はきっと多いだろうなぁ。
 朝のたった2時間半の営業……これはもう、「モーニング専門店」と言っていいだろう。

 このブログでも何度か紹介しているのだが、意外とこのお店の存在を知らない人が多い。
 実はウチのカミさんもそんな知らない1人だった。ということで先日、一緒にモーニングを食べに行ったのだが、そこでお店の人からこんな話を聞いたのだ。


「メニューは『和食』と『洋食』、『朝カレー』、『ホットケーキ』と4種類あるんだけど、今は期間限定で『ピザトースト』もやってるの。エッ? メニューに出てない? それはおかしいわね。いろいろと期間限定でやってるのよ。ホテルに連泊する人は同じメニューだと飽きちゃうでしょ。表には出してないメニューだけど、『牛すき』もあるのよ」


「ピザトースト」には「へぇ」ぐらいの反応しか示さなかった私だが、「牛すき」と聞いて「エエッ!」と身を乗り出してしまった。
「それって一般のお客も注文できるんですか?」と聞くと、「大丈夫よ」と店員さん。

 ということで、カミさんと一緒に2日続けて行っちゃったよ。
 私は「牛すき」、カミさんは「和食」を注文。どちらも値段は550円だ。

 エッ? モーニングで550円は高いって?

 ドリンク飲み放題で、「和食」はご飯のおかわり、「洋食」はトーストのおかわり自由と聞いても高いと思う?

ドリンクコーナー

 これがドリンクコーナー。温かい飲み物はコーヒー、紅茶、ほうじ茶。冷たい飲み物は水とオレンジジュース。牛乳があればうれしいところだけど、これだけの飲み物が飲み放題なのはうれしい。

まずはお冷とオレンジジュース

 早速、水とオレンジジュースをテーブルに運び、頼んだメニューを待つことに。

カミさんの頼んだ「和食セット」

 まず最初に来たのは、カミさんの頼んだ「和食」。ご飯と味噌汁に、香の物、納豆、味海苔、焼き魚、玉子(生玉子・目玉焼き)、日替り小鉢(煮物や和え物など)が付いている。おかずがこれだけあれば、余裕でおかわりができるというモノだ。

裏メニューの「牛すき」

 で、こちらが裏メニューの「牛すき」。「和食」と比べると、おかずの品数は少ないけど、朝からすき焼きが食べられるなんて、何という贅沢。

牛すき

 コレですよ。決して高級牛肉じゃないけど、550円なんだもん、コレで十分OK。
 玉子を割って、チャカチャカチャカと箸で溶いて準備完了。

溶き玉子に付けて…

 味噌汁をひと口すすったあと、お肉を溶き玉子に付けてパクッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 贅沢な朝ご飯だよ。ガツガツ食べると、アッと言う間にご飯がなくなった。おかずの方はというと……。

牛すきの汁と玉子が残ってしまった

 牛すきの汁と溶き玉子が残っている。
 となると……。

当然、ご飯をおかわりだよね

 まあ当然、ご飯をおかわりだよね(笑)。そして牛すきの汁と溶き玉子をご飯に入れて……。

残り汁と玉子を入れて贅沢な玉子かけご飯の完成

 贅沢な玉子かけご飯の完成! これがマズいワケがない。夢中でかき込んで1分とかからずごちそうさま。ふぅ~、お腹いっぱい、満足、満足。

ほうじ茶を飲み

 温かいほうじ茶を飲んでホッとひと息。

コーヒーで〆

 そしてコーヒーで〆。お腹いっぱいになれて、こんなに満足度の高い朝食が550円で食べられるのだから凄いよね。食べればきっと「高い」とは感じないと思うな。
 年中無休だから、平日は仕事で忙しい人は、土日に行ってみるといいかもよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-6-7
電話:042-392-5555(セントピア)
営業時間:午前7時~9時30分
店内禁煙
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR