東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

そば屋で武蔵野うどん

 そばが食べたいなぁと思った私。「どうせなら最近、ご無沙汰しているお店に行ってみよう」と考え、いろいろとお店を思い浮かべ、向かったのは東村山駅西口。バス通りをズンズン歩き、途中の住宅街にひょいと入ると、目指すお店が見えてきた。そば屋「喜作」だ。

 前回行ったのが2008年10月だから、約2年ぶりになる。
 それにしてもこのお店、バス通りに看板が出ているとはいえ、こんなに奥まった住宅街にお店を構えて、よく営業していけるよね。それだけ地元のお客さんがついているということなのかもしれない。

 そばを食べる気満々でお店に入った私だが、ふと壁を見ると、こんな文字を発見。

肉汁うどん(800円)

 エッ、うどんを出しているのは知っていたけど、以前から「肉汁うどん」って、あったっけ? いやあ、気になるなぁ……ということで、そばを食べるつもりが「肉汁うどん」に変更。全くもって、困った好奇心だよ(笑)。

肉汁うどん

 茹で上がるのに時間がかかるのか、割と待たされた気がする。
 で、運ばれて来たのが、こちら。
 ビジュアルはなかなかいい感じ。そば湯が一緒に出てくるところは、さすがそば屋さんだ。

うどんが旨そう!

 何がいいって、このうどんの艶がたまらない。「ベッピンさんだねぇ」と思わずつぶやいてしまったよ。うどんそのものは、きしめんほどではないが、少し平たい。
 1本だけそのまま食べてみると、柔らかく、しなやかで、チュルンとノドを滑っていく感じがとてもいい。

肉汁

 肉汁は豚バラ肉がいっぱい。うどんを付けて食べると……おおっ、旨い! 「武蔵野うどん」の定義はよくわからないけど、これは「武蔵野うどん」と言っていいんじゃないかなぁ。うどんの絶妙な柔らかさに、肉汁の旨味が絡んでたまらない。
 武蔵野うどん専門店のうどんは、少しゴワッとしているけど、このお店のうどんはスラッとしなやかな感じ。このタイプ、ハマる人はどっぷりとハマッちゃうんじゃないかなぁ。

 うどんを食べ終えたあとは、肉汁をそば湯で割ってグビグビ。このサービスはそば屋さんならではだけど、いいよね。お陰で「ふぅ~っ」と食後のひと息がつける。
 いやあ、旨かった。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市野口町2-29-15
電話:042-396-1877
営業時間:午前11時~午後2時30分、午後5時~8時
定休日:月曜・火曜
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/09/01 18:27 ] 【そば】 喜作(野口町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR