東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

刺身&冷や酒、至福のひと時

「サラリーマン新秋津店」でサクッと一杯やったあと(記事はこちら)、友人とともに向かったのは、「一心水産」

一心水産

 魚で一杯やるのにまさにピッタリのお店だ。

冷や酒とお通し

 ということで、まずは冷や酒を注文。常温の辛口本醸造をお猪口ではなく、グラスに注いで乾杯。コレ、コレ! コレが飲みたかったのよ。よく冷えた銘酒もいいけど、ありきたりの辛口本醸造を常温で飲むのも、いいんだよね。最近の私のお気に入りの飲み方。

かんぱち刺身と生ダコ刺身

 ツマミは「かんぱち刺身」(480円)と「特上生ダコ刺身」(580円)。カンパチは「サラリーマン新秋津店」でも食べたけど、日本酒に合わせると、またこれが旨いんだなぁ。生ダコもプリプリで最高。

浅利とごぼうの深川風玉子とじ

「ちょっと温かいモノが欲しい」ということで友人が頼んだのは、「浅利とごぼうの深川風玉子とじ」(600円)。いいモノを頼むねぇ。これも日本酒によく合うこと。

ねぎぬた

 サッパリしたモノが欲しくて、私が頼んだのが「ねぎぬた」。こういうモノがしみじみ旨く感じるようになったということは、私も年を取ったということなのかな?

煮込み

 〆に頼んだのは「煮込み」。見た目の盛り付けは悪いけど、モツは柔らかくて臭みがないし、味はバツグンだった。

 いやあ、旨し、旨し。刺身と冷や酒っていいねぇ。旨いし、何より安上がりだ(笑)。よく冷えた純米酒や吟醸酒の方が旨いとは思うけど、ちょっと高いからねぇ(笑)。ありきたりの辛口本醸造を常温で飲む旨さに気づいちゃったら、そのコストパフォーマンスの良さに、もう後戻りができなくなったりして(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-12-12
電話:042-394-2541
営業時間:午後4時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR