東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

醤油の香りに誘われて

 ちょっと古いんだけど、4月29日の「昭和の日」のこと。都立東村山中央公園で「春の緑の祭典」が行われるというので午前10時ごろ、子どもたちを連れて歩いて行くことにした。
 のんびり歩こうと、野火止通りを歩いていたんだけど、ケーキ店の「アンシャンテ」を通り過ぎたあたりで「あっ、ひょっとしたら」と思い、少し行った交差点を右に曲がった。そして野火止通りと平行した1本内側の道路を歩いていくと……おっ、思った通り、いい匂いがしてきたぞ。

「この匂い、な~んだ?」と子どもたちに聞くと、娘は「お醤油!」と答え、息子は道の先にお店を見つけたのか、「焼きだんご!」と言って走り出した。

久々にやってきた「つくば和菓子店」

 そう、この匂いは八坂駅近くにある「つくば和菓子店」が、「焼きだんご」(1本60円)を焼いている時にする、醤油の焦げる香りだ。わかっているではないか、子どもたちよ。
「焼きだんご、食べるか?」と聞くと、2人とも「食べるーッ!」。

 そうか、そうか。じゃあ、待ってなさい、と日よけシートの中にひょいと入る。

へぇ、「自家製どら焼」なんてあったんだ

 あれ、このお店、「自家製どら焼」って、あったんだ。しかも80円って、メチャ安じゃないの。もうすぐ「あん」という、東村山のどら焼き屋を舞台にした映画が始まるから、市内のどら焼きがちょっと注目されるかも。
 そんなことも思って、「焼きだんご」3本に、「自家製どら焼」1個を買ってみた。

でき立ての焼きだんご、いただきま~す

 まずは焼き立ての「焼きだんご」からいただきますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 やっぱり「焼きだんご」は焼き立てが一番だよね。子どもたちも「美味しい」「美味しい」と食べている。

続いて「自家製どら焼」

 猫舌の子どもたちがまだ「焼きだんご」と格闘している間、私はサクッと食べ終えて、今度は「自家製どら焼」をいただきま~す。

断面はこんな感じ

 皮はそれほど厚くなく、その分、粒あんのボリュームと旨さが際立つ。これで80円って、お得だよね。


 私が「自家製どら焼」を食べ終わるのと同じくらいに、子どもたちも「焼きだんご」を食べ終え、「さっ、行こうか」と再び中央公園に向かって歩き出したのだった。
 いやあ、このお店、わが家から中央公園に行くまでの、いい休憩ポイントだよ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町3-16-17
電話:042-393-2169




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR