東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

千太郎行きつけのそば屋

「千太郎」とは、2015年5月30日に公開される、東村山市が舞台の映画「あん」に登場するどら焼き屋「どら春」の店長のことだ。映画では永瀬正敏さんが演じている。
 映画では、「どら春」は久米川駅南口の桜通り沿いに店に構えている設定になっている。で、永瀬さん演じる千太郎は、コンビに弁当か、店の近くにある行きつけのそば屋で食事を済ます設定だ。

予告編のシーン

 普通なら撮影の時だけそのお店で食事をすればいいハズなのだが、永瀬さんは千太郎という役になり切るため、撮影のない時でも用意された食事は食べずに、コンビニ弁当で済ますか、設定上の行きつけのそば屋で食事をしていたのだという。
 その「行きつけのそば屋」というのが、久米川駅南口にある「巴屋」だ。

巴屋

 ホームページによると、創業は天保元年(1830年)で、もともとは麹町にお店があった。それが戦争により疎開し、久米川に移転。以来、60年以上もこの地で営業しているのだという。
 そんな老舗そば屋なんだけど、格式ばってなくて庶民的なのが、このお店の魅力だ。

 映画では千太郎は「天ざる」(1000円)を食べているのだが、私は海苔の乗っていない「天もり」(950円)を注文。

天もり

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。つゆは天ぷらと共有だから、ちょっと大きめの器に入っている。

そば

 そばは近くで見ると、意外と白っぽい。

天ぷら

 天ぷらは揚げたて。マイタケとナス、そして後ろに海老が隠れている。

そばつゆに付けていただきま~す

 それでは、つゆに付けて、いただきま~す。
 このお店のつゆは辛くないから、ザブンとそばを付けても大丈夫。うん、旨いね。

大きな海老天

 海老天はこんなに大きい。そのまま食べると、サクッと音がする。つゆに付けると、さらに旨い。

つゆをそば湯で割る

 食べ終えると、つゆをそば湯で割ってグビリ。ふぅ~、落ち着くなぁ。
 ふと、店内を見回すと……。

永瀬さんと水野さんの色紙

 おっ、永瀬さんと水野美紀さんのサイン色紙が置いてある。

河瀬監督と秦さんの色紙も

 こちらは河瀬直美監督と、映画の主題歌「水彩の月」を歌う秦基博さんのサイン色紙だ。秦さんもこのお店に来たんだね。ちょっとビックリ。

 映画「あん」が公開されると、このお店、人気になっちゃうかもね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-29
電話:042-391-0313
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:金曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
[ 2015/05/02 20:10 ] 【そば】 巴屋(栄町) | TB(-) | CM(2)
大好きなお蕎麦屋さんです
最近FBでも「あん」の話題を良く目にするようになりましたが、巴屋さんが登場するとは!
休日などに昼に軽く飲んで蕎麦を手繰るには最適な店ですよね。いつ行ってもお客様が切れないなぁ、と思っていたんですが、こうして取り上げられて嬉しい反面、これ以上混まないで欲しいな…と思うアンビバレンツな心境です。
[ 2015/05/15 09:53 ] [ 編集 ]
金剛石さんへ
コメントありがとうございます。
その微妙な心理、わかります。
映画が公開されたら、きっと今以上に繁盛すると思います。
でも一時的なものだと思うので、温かく見守っていきましょう。



[ 2015/05/17 06:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR