東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

特製味噌の旨さを改めて実感

 友人のマサトは5年前に東村山市に引っ越してきた。「いい街だから、引っ越すなら東村山がいいぞ」と私が言った言葉を覚えていて、久米川駅南口のアパートに移り住んだのだ。地元の友だちもでき、東村山市を気に入ってくれたのはいいのだが、話を聞くと、普段の買い物は久米川駅南口の「西友」と久米川駅北口の「あまいけ」で済ませているのだという。

「それじゃあ、ダメだ! 『ジャパンミート』と『業務スーパー』を知らずして、立派な主夫にはなれんぞ!」

 久米川駅南口の酒屋「水新酒店」から同じく久米川駅南口の居酒屋「だるま」に移動し、生ビールを1杯しか飲んでないんだけど、きっと久しぶりに飲んだお酒が効いたんだろうね。まだ結婚もしてないマサトに「立派な主夫」もあったもんじゃないんだけど(笑)、「だるま」を出ると、なぜかマサトを連れて、スーパー巡りを敢行してしまった私。

 どうもスーパーで安いモノを見ると、私はテンションが妙に上がってしまうんだけど、どうやらマサトもそうらしく、目が輝いている。そんなマサトを見ていると、こっちもうれしくなって、

「よし、これからとっておきの焼き鳥屋に行くぞ」

とテクテク。向かったのは青葉商店会にある「とり慎」
 入ると、大将が「おっ、久しぶりだね」と声をかけてくれた。年に1~2回しかいかない、あんまりいい客じゃないんだけど、こうやって声をかけて、温かく出迎えてくれるのがうれしいね。

日本酒で乾杯

 日本酒をお願いすると、わざわざ女将さんがテーブルまでやって来て、「マサさん、元気だった?」とひと声かけながら、グラスにナミナミと日本酒を注いでくれた。いやあ、体調に関しては女将さんの方こそいろいろあるというのに、気を使ってもらって恐縮しきりだよ。
「水新酒店」の「ミニ試飲会」で飲んだ日本酒も旨かったけど、こうやって女将さんについでもらった日本酒も格別の旨さだね。

もずく

 マサトが食べたいというので頼んだ「もずく」(500円)。イメージしたモノと違ったみたいで、マサトは驚きの表情を見せた。
 まず、もずくが太い。そしてジュンサイが入っている。何よりも違うのはワサビがドーンと真ん中に乗っていることだ。私も最初にコレを見た時はビックリしたモノだ。

「ワサビをガーッとかき混ぜて食べるんだよ」

と女将さんに以前言われたことをそのまんまマサトに伝え、その通りにやって食べたマサトがひと言。

旨いですねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 私は自分がつくった料理でもないのに、「そうだろ」みたいな顔をしたりして(笑)。

煮込

 次に来たのは、私が頼んだ「煮込」(600円)。いつものようにニンニクをたっぷり入れて食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、間違いない味だよ。
「間違いない」と言えば、このお店の「豚レバ」(1本140円)も間違いない旨さなんだけど、残念ながらこの日は残り1本なのだという。私はこれまでに何度も食べているから、マサトに食べてもらった。

旨いッO(≧∇≦)O!!! マサさん、コレ最強じゃないですか?

 まあ、そう言いたくなるよね。確かに旨いもん。

つくね

 次に来たのは「つくね」(1本160円)。ナンコツが入っていて、ところどころで感じるコリッとした食感がいいんだよね。

テッポ

 続いては「テッポ」(1本140円)。臭みが全くないことと、柔らかさにマサトは感動したらしく、「マサさん、コレ、凄いですわ」を連発。「テッポ」でこれだけ感動するとは思わなかったなぁ。

かしら

「テッポ」も旨いけど、私としてはこの「かしら」(1本150円)の方が好きかな。そのままでも塩が効いていてジューシーで旨いんだけど、特製味噌を付けると、もうハンパなく旨い。これだけでカーッと、あのナミナミとつがれた日本酒が飲めるくらいだ。まあ、体のためにそんなことはしませんけどね(笑)。

まかない料理の大根煮

「これ、まかないでつくったモノだけど、よかったら食べて」

と大将が出してくれたのがコレ。大根にイカとシイタケの旨味がギュッと染み込んでいる。そのままでも、もちろん旨いんだけど、この大根に特製味噌を付けて食べると……。

旨いッすねぇ(´ ▽`).。o♪♪ マサさん

 またしても私は「そうだろ」という表情。自分でつくったワケでもないというのに(笑)。

2本目のテッポ

 マサトのリクエストで、またしても「テッポ」。考えてみたら、私はこのお店に何度も来ているのに「テッポ」を食べたのは2回しかない。ほかの旨さに気を取られて気づかなかったけど、これも確かに旨いなぁ。

「皮」と「ひな」

 こちらは「皮」(1本140円)と「ひな」(1本140円)。これも特製味噌を付けて食べると旨いんだよなぁ。

野菜

 サッパリしたモノが食べたくて、「野菜」(500円)を頼んだのだが、これが凄かった。何が凄いかと言うと、添えられているディップソースだ。ナント、特製味噌とマヨネーズを合わせたモノなのだとか。考えたのは女将さん。早速、付けて食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 何コレ! 何この旨さ! マサトと2人して競うように食べてしまったよ。これは女将さん、ナイスアイデアだよ。いやあ、特製味噌は万能調味料だと思っていたけれど、こうやってディップソースにもなるとはねぇ。いやあ、凄い!

サービスで出してくれたお新香

「これ、どうぞ」と女将さんがお新香を持ってきてくれた。〆にピッタリだ。

 何だろうねぇ、この安心感と満足感。青葉商店会は櫛の歯が抜けるようにお店が閉店していき、寂しくなりつつあるけど、このお店はいつまでも続いていて欲しいなぁ。

 大将、女将さん、ごちそうさまでした。また来ますね。




【DATA】
住所:東村山市青葉町2-4-36
電話:042-393-8019
営業時間:午後5時~10時
定休日:月・火・水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR