東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

志村けん御用達の焼きだんご

 子どもたちと久米川町は府中街道沿いにある「TSUTAYA」でDVDを借りた帰り、近くのファミレス「びっくりドンキー」で昼食をとったのだが、何かもう1つ物足りない私。子どもたちに「まだ何か食べられそう?」と聞くと、「食べられる!」とのこと。「それじゃあ」ということで、テクテクと歩いて向かったのは……。

笹本だんご

 焼きだんごでおなじみの「笹本だんご」。東村山市内には焼きだんごを出すお店がいっぱいあるけど、たぶんこのお店が一番有名だろう。それも全国的に。
 というのも……。

こんな貼り紙が

 この貼り紙でわかるように、東村山市出身のお笑い芸人・志村けんさんがこのお店の焼きだんごのファンで、ことあるごとにテレビで紹介しているからなんだよね。
 だけど、このお店の焼きだんごを食べるのは久しぶりだなぁ。自分のブログをチェックしたら、以前の記事は2005年となっていたから、10年ぶりなんだ。
 この10年の間に店主だった笹本トヨさんが亡くなり、今は悦子さんが引き継いでいるようだ。

いやあ、旨そうでたまらない光景だ

 練って丸めただんごを蒸してから串に刺し、そして焼いて焦げ目が付いたら醤油を付け、もう一度焼く。シンプルな食べ物だけど、手間はすごくかかっている。
 電話で注文が入ったのか、たくさんのだんごが並んでいる。いやあ、旨そうな光景だ。そして香ばしい香り! もうたまんないね。

焼き立てアツアツの焼きだんご

 10年前は1本80円だったけど、今は1本100円。でも、この大きさなら100円でも十分安いと思う。
 子どもたちに1本ずつ、私は2本、計4本を購入。お店の前に置いてあるイスに座っていただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 焦げた部分に染みた醤油の香ばしさ、だんごそのもののほのかな甘み、「素朴な味わい」としか言いようがない味だ。子どもたちの反応はというと、2人とも「美味しい!」と喜んで食べている。
 そうか、今ドキの子どもでもこの「素朴な味わい」ってヤツがわかるんだな。お父さんとしてはちょっとうれしかったりして(笑)。

 と、そこへ車が止まり、人が降りてきた。お店の人が「できてますよ。30本ですね」と手渡す。いやあ、こんな風に予約して大量に買う人もいるんだね。わかるような気がする。こんなシンプルな食べ物、ほかにないから、誰かに食べさせたくなるんだよね。


 食べ終えて、お店の人に「ごちそうさま」と言ってから歩き出すと、「パパ、またあのだんご、食べに行こうね」と子どもたち。そうか、気に入ったか。うん、また来ような。




【DATA】
住所:東村山市久米川町2-2-1
電話:042-394-2182
営業時間:午前9時30分~売り切れまで
定休日:火・水曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR