東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

2015年の初飲みは惜別の一杯

 実は私、ワケあって2014年12月28日からお酒をやめたんですよね。別に健康上の問題ではないのでご心配なく(笑)。
 我慢できないかなぁと思ったら、意外とアッサリお酒を飲まない生活に慣れてしまい、「このままずっと一生飲まないっていうのも悪くないかも」と思うくらい、お酒を飲まない生活が当たり前になりつつあった。
 
 そんな私のもとに先日、久米川駅南口のバー「星の都」のマスターからメールが届いた。2015年3月28日をもってお店を閉店するという。まあ、「閉店」というよりは正確には「移転」なんだけどね。久米川から秋津に移転し、4月3日から営業を始めるのだという。
 東村山市内での移転だから、飲みに行けないワケじゃないけど、久米川に住んでいる私が夜中にフラッと行けるお店ではなくなるということだ。ひと頃は割とよく行ってたお店で、マスターにはいろいろとお世話になったから、移転とはいえ、久米川でのラストまでに一度行っておかなければ……ということで、先日、オープン直後にお店に伺った。マスターとサシでいろいろと話をしたかったからね。


 お酒をやめているとは言え、バーに来て飲まないワケにはいかない。
 私は、「私が頼みそうにないお酒で、マスターが私に飲ませたいお酒を」とリクエストした。
 少し考えて、マスターが出してくれたのが、コレ。

「BOWMORE」の「エニグマ12年」

 スコットランドの西南にある淡路島より少し大きいアイラ島でつくられたウイスキー「BOWMORE」の「エニグマ」12年物。
 ウイスキーの入ったグラスに、加水用の水、そしてチェイサー。
 確かにこの銘柄、私でも知っているくらい有名だけど、普段の私なら絶対に注文しないお酒だ。なぜなら私はバーボン好きだから。

この色、美しいなぁ

 ちょっと照度の落ちたバーで見るウイスキーの色は本当にキレイだ。女性が宝石の輝きに魅了されるように、男はこの色に魅せられて飲みすぎてしまうんだろうなぁ(笑)。
 独特の香りがするモノと思っていたけど、意外に甘い香りがする。飲んでみると、正露丸みたいな味だけど、後口は悪くない。何だか懐かしい味だ。その昔、親父のいない時に、キャップに少し注いでこっそり飲んだウイスキーの味に似ている。こんないいウイスキじゃなかったと思うんだけどね(笑)。
 今までクセがあると思い込んで避けていたけど、アイラモルト、ひょっとしたら自分に合っているかもしれない。

 ツマミには生ハムを頼んでみた。というのも……。

原木からマスターが切り出してくれる

 市販のモノではなく、原木からマスターが切り出してくれるからだ。

市販のモノとは香りも厚みも違う生ハム

 これが原木から切り出された生ハム。市販のペラペラな生ハムとは、香りも厚みも全く違う。さて、それではいただこうかな……あれ? ミニトングが添えられてるけど、これってどうやって食べるの?

「ビーフジャーキーのように、手でちぎって食べてください。結局そうやって食べるのが一番美味しいですから」

 マスターに言われるがままに手にとって、少しちぎって口に入れると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 何、この濃厚な味わい! 「ハム」というより、「肉!」という感じ。いやあ、これは旨い。旨過ぎる。
 ウイスキーともよく合う。もう一杯飲みたい気持ちになったけど、久しぶりのお酒で、アルコールが体に回って効いているのがわかったので、私は一杯だけでやめることにした。

 常にプラス思考のマスターと話すと、本当に元気づけられる。この日も「秋津での再スタート、頑張ってね」と言うつもりが、マスターの語る夢を聞いているうちに言えなくなってしまった。まあ、言う必要もないかな。

星の都

 このお店には本当にお世話になったなぁ。本当はよく一緒に来た友人と、最後の一杯を共に飲みたかったけど、連絡が来なかったから仕方ない。忙しいのだろう。
 この場所にオープンして9年か。9年も経てば、お店も変わるだろうし、友人も変わるし、私も変わる。でも、それも良しだよね。

 ごちそうさま。ありがとう、マスター。今度は4月に秋津の「星の都」で会いましょう。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-29-5
電話:042-391-8666
営業時間:午後8時~翌朝7時
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR