東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

魅惑のイチゴケーキ2種

 11月某日はカミさんの誕生日。ということで、ケーキを買うことになった私。いつも久米川駅・八坂駅周辺のケーキ屋さんで買っているので、今回はちょっと足を延ばして東村山駅へ。東村山駅周辺でケーキ屋さんと言えば、西口にある「Le Fraisalia patisserie(ル・フレザリア・パティスリー)」
 きっとシャレたケーキがあるに違いないと、早速お店へ。

お店に入ってすぐに目についたのがコレ

 まず目についたのが、このケーキ。

その横には違うタイプのイチゴケーキが

 そしてその隣にあったのが、このケーキ。どちらもイチゴを使ったケーキだ。

こちらは「苺のショートケーキ」

 こちらは「苺のショートケーキ」(2580円)。12センチと小ぶりだが、夕食を目いっぱい食べたあとに登場するケーキだから、むしろこれくらいの大きさの方がいいかも。
 だけど、定番過ぎるよねぇ。

こちらは「苺のタルト」

 こちらは「苺のタルト」(2640円)。こちらは直径15センチだけど、「苺のショートケーキ」のような厚みはない。量的には同じくらいかな。
 こんな風にフルーツがドワッとてんこ盛りになってツヤツヤしているケーキ、私は大好きなんだよね。
 とは言っても、カミさんの誕生日ケーキだからなぁ。私の好みを押しつけるのも何だよなぁ。


 実は「苺のショートケーキ」と「苺のタルト」の間にはチョコレートケーキがあったハズなんだけど、たまたま売り切れていてなかったんだよね。もしあれば、子どもたちもカミさんもチョコレートが好きだから、迷わずソレを選んだかもしれない。
 だけど、この時はなかった。だから、「ウーン、ウーン」とショーケースの前で悩んでしまった。
 この日はボランティアで中学生の男の子がお店の仕事を手伝っていたのだが、きっと「このオッサン、何やってんだろう」と思ったことだろうなぁ(笑)。こんなことなら、その中学生に「君ならどっちにする?」と聞けばよかったよ(笑)。

 まあ、いろいろと悩みに悩んで、私が買ってきたのは……。













迷った末に「苺のタルト」を選択

「苺のタルト」でした。誕生日のケーキって、わが家の場合、イチゴのショートケーキが多いから、たまには違ったモノをということで選んでみた。
 食べると、たっぷりのイチゴに木イチゴのホイップクリーム、カスタード、アーモンドのタルトが口の中で一体となって……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 カミさんにも子どもたちにも大好評。いやあ、よかった、よかった。少しはお父さんの株が上がったかな?(笑)




【DATA】
住所:東村山市野口町1-20-14
電話:042-395-5771
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:月曜(祝祭日は除く)
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR