東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

コスパ抜群のランチ冷麺

 お昼時にたまたま、府中街道沿いにある韓国料理店「故郷(ゴウヒャン)」の前を通った私。お店の前にはランチメニューを書いた看板が置いてあった。

「しばらく見なかったし、消費税も上がったから、ランチメニューの内容も値段も変わっただろうなぁ」と思いつつ、見てみると……。

ランチメニューを見ると…

 思った通り、ランチメニューは以前と微妙に変わっている。でも値段はというと、そんなに変わってない気がする。特に「冷麺」が670円は安いと思う。

「木曜が『冷麺』なのか……。今日は何曜だ? おっ、木曜じゃないか!」

 これは「食べろ」という神の思し召しだろうと勝手に解釈し(笑)、私はお店に入ってみることにした。もちろん、頼んだのはランチの「冷麺」だ。

 待っている間にメニューを見ると、ランチは看板に書いてあったメニューのほかにもいろいろあるみたいだ。中にはこんなメニューも……。

こんなランチメニューもあるのか

「韓国風 海鮮丼」(880円)って気になるなぁ。しかも1日限定10食だよ。次のターゲットはコレだな(笑)。
 なんてことを考えながら待っていると、来ました、来ました。

これがランチの「冷麺」

 これがランチの「冷麺」。「冷麺」だけでなく、パンチャン(突き出し)が5皿も付いて、さらに半ライスも付いている。これで670円ですよ! コストパフォーマンスが抜群すぎるよ。

冷麺

「冷麺」は極めてシンプル。スープの中心に極細の麺、その上にキュウリと大根、そして半分に割ったゆで玉子。肉系やフルーツ系は入ってない。

パンチャンが5皿も

 まあ、それを補うのが、この5皿のパンチャンなのかな。1つ1つは少ないけど、手がかかっていて旨い。

スープに入っているのは単に削った氷みたいだ

 パッと見て、「スープを凍らせてシャーベット状にしたのかな」と思ったのだが、よく見ると、単に氷を削ったモノだった。でもスープそのものが濃いめにつくってあるのか、飲んでみるとちょうどいい味わいになっていて旨かった。

麺のアップ

 削った氷のおかげなのか、麺はすごくひんやりとして、ノド越しがとっても気持ちいい。
 この「冷麺」を食べ、パンチャンで半ライスを食べたら、私みたいな中高年はもうお腹いっぱいだよ。
 これで食後にコーヒーが付くんだから、670円はかなりお得と言っていいんじゃないかな。ちょっとバテ気味という人にオススメのランチだね。




【DATA】
住所:東村山市本町1-18-1
電話:042-313-3477
営業時間:平日は午前11時30~午後3時、午後5時~深夜0時/土・日・祝日は午前11時30~深夜0時
駐車場あり
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2014/07/27 07:23 ] 【韓国料理】 故郷(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR