東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

感激!カキのさつま揚げ

 友人のマサトとともに久米川駅南口の焼き鳥店「斉藤商店」を出た私。もうお腹はいっぱいだったけど、積もる話もあり、「もう1軒行くか」となった。
 寒かったので、「近くがいいなぁ」ということで向かったのは……。

大ing

 ウイング通りの1本裏手の通りから「Zoiz kitchen」の2階に2013年4月に移転した「大ing(ダイニング)」だ。
 トントントンと2階に上がると、黒を基調とした落ち着いた雰囲気で、店内はなかなかオシャレな造り。

越州

「斉藤商店」で散々ホッピーを飲みまくったので、ゆっくり日本酒を味わうことに。
 私は「久保田」でおなじみの新潟県長岡市にある「朝日酒造」の本醸造「越州」を頼んだ。後味スッキリで旨いねぇ。

お通し

 お通しはマカロニサラダ。意外と日本酒に合うもんだね。

ミックスナッツ

 マサトも日本酒を飲んでいるのだが、なぜか「ミックスナッツ」(400円)を注文。「何でナッツなんか頼むのかなぁ」と思いつつも、食べてみるとそんなに悪くない(笑)。日本酒って思っている以上に、何にでも合うんだね。

鮭ハラス焼き

 これは私が頼んだ「鮭ハラス焼き」(500円)。やっぱり日本酒には魚でしょう。脂が乗っていて旨いねぇ。

 このお店のウリは自家製のさつま揚げとピザ。さつま揚げだけでもメニューにはこれだけある。


*たまねぎ(380円)
*枝豆(380円)
*きんぴら(380円)
*豆腐と長ネギ(380円)
*ほうれん草(380円)
*長ネギと紅ショウガ(380円)
*銀杏(380円)
*チーズ入り(420円)
*イカ(420円)
*エビ(420円)



 ナント10種類。でもこれで驚いてはいけない。壁の「おすすめ」を見ると、そこにも……。


*かきのさつま揚げ(580円)
*カニ爪さつま揚げ(500円)
*ブラックタイガー巻さつま揚げ(550円)



と、さらに3つもあるではないか。この中で私がすごく気になって仕方ないのが「かきのさつま揚げ」。一体どんなさつま揚げなんだろうか?
 ということで、お腹いっぱいにもかかわらず、注文しちゃいました(笑)。

かきのさつま揚げ

 しばらくして運ばれて来たのが、コチラ。ぷっくりとした俵型のさつま揚げが2つ、お皿に乗っている。この形状から考えると、カキが丸々1個、入っているのが予想されるんだけど……。
 まあ、食べてみますか。

中には丸々1つ、カキが入っている

 ウホッ、やっぱりそうだ! カキのエキスがどこにも逃げられないまま、さつま揚げの中に詰まっているから……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これ、いいねぇ。日本酒が飲みたくなるよ……あれれ、もうないや。

屋守

 てなワケで、1杯でやめるつもりだったのに2杯目を注文。今度は地元・東村山の銘酒「屋守」だ。いやあ、「屋守」を置くお店が増えたなぁ。東村山のお酒なんだもん。しかも旨いお酒なんだもん。どんどん「屋守」を置くお店が増えて欲しいなぁ。

 いやあ、さすがにもうギブアップ。マサトは「もう1軒行きますか?」とケロリとしてるけど、私はもうダメ。このお店でマサトと別れた。あれからマサトに聞くと、久米川駅南口のダイニングバー「氣ごころ」に寄ったのだとか。いやあ、若いなぁ。私にもそんな時代があったんだけど、50歳を過ぎた今はもう無理だわ。
 でも楽しかった。マサト、また飲もうな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-25-2階
電話:042-313-3685
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:日曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR