東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

絶品!大・大・大満足の焼き鳥屋

 久しぶりに友人のマサトから電話があり、「飲もうか」ということになった。
 向かったのは久米川駅南口のディスカウントショップ「カネヒロ」の手前の道を空堀川に向かって進んだところにある、このお店。

斉藤商店

 以前、韓国料理店「チョアヨ」があった場所で、2013年10月にオープンした焼き鳥店「斉藤商店」だ。
 店内レイアウトは「チョアヨ」のころとあまり変わってないかな。入ってすぐカウンター席があり、奥に座敷がある。
 カウンターの中にいる若いご主人がキビキビとしていて気持ちいい。

ホッピーで乾杯

 まずはホッピーで乾杯。「やっぱり焼き鳥でしょう」といろいろと頼んだものの、焼き鳥はすぐにはできないから、メニューにある「スピードメニュー」からも少し選ぶことに。

ポテサラ

 ということで、最初にポンと出て来たのは「ポテサラ」(250円)。まあ、これは取り立ててどうこう言うモノじゃないよね。

豚レバー、とりレバー

 と、そこへ「豚レバー」(写真の左2本、1本120円)と「とりレバー」(1本120円)が出て来た。タレで頼んだのだが、まずは「とりレバー」をひと口……。

ん!旨いッO(≧∇≦)O!!!

 口どけのいいチョコレートのようにメッチャ柔らかく、甘すぎないタレがまた旨い。
 続いて「豚レバー」を……。

これも旨いッO(≧∇≦)O!!!

「とりレバー」ほど柔らかくはないが、「豚レバー」にしては十分に柔らかく、しかも臭みがない。旨味が口の中で溶けて広がる。いやあ、参ったなぁ。串焼きの鶏のレバーは東村山駅西口にある「かちかち山」が、豚のレバーは青葉商店街にある「とり慎」が一番だと心密かに思っていたのだが、このお店、全然負けてない。

タン

 続いて来たのは「タン」(1本120円)。「豚レバー」と「とりレバー」以外は塩で頼んだのだが、ナントこの「タン」、塩だけでなくコショウが軽く振られている。食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 塩加減だけでなく、コショウの加減も絶妙。そうだよなぁ、タンにコショウは合うよね。どうして今までそのまま、塩だけで食べてたんだろう。

ニンニク丸揚げ

 ここでスピードメニューとして頼んでいた「ニンニク丸揚げ」(200円)が登場。これがほっくりしていて、味噌を付けて食べると、旨い、旨い。ホッピーがどんどん進んじゃうよ(笑)。

ハツと砂肝

 これは「ハツ」(写真の左2本、1本120円)と「砂肝」(1本120円)。これも「タン」同様、軽くコショウが振られている。
 私は「ハツ」を、マサトは「砂肝」をパクッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪ (私)

旨いですねぇ(´ ▽`).。o♪♪ (マサト)

 2人して感嘆。参ったなぁ。串物、何食べても旨いじゃん。

石焼きもつ煮

 そこへご主人が勧めてくれた「石焼きもつ煮」(450円)が出て来た。グツグツしている鍋の中は、普通のモツ煮と違い、何となく白っぽい。味噌ではなく、塩モツ煮のようだ。

もつは柔らかいし、もうバカ旨

 取り皿にすくって食べてみると……。

こりゃ旨いわッO(≧∇≦)O!!!

 モツは柔らかいし、これもコショウがいい感じに効いていて、汁が旨い。食べ終わったあと、残った汁にうどん(プラス100円)を入れることもできるのだとか。いやあ、確かにコレにうどんを入れると、旨いと思うな。

もも

 これは「もも」(1本150円)。おや、これは塩だけなんだ。では、いただいてみますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、「旨い」を連発し過ぎているなぁと自分でもわかっているんだけど、本当に旨いから仕方ないよね。皮はパリッとしていて、中はジューシー。コレ、ウチの子どもたちに食べさせたら大喜びするだろうなぁ。

豚バラ

 こちらは「豚バラ」(1本150円)。ほぉ、コレにはコショウが振られている。内臓系と豚モノにはコショウを振るってことかな? 食べると、これも旨いなぁ。噛むと脂がジュワッと染みだして、たまんない。

豚レバーの塩

 今度は「豚レバー」を塩で頼んだんだけど、驚いたことにゴマ油が付いてきたよ。コレに付けて食べるのか。どれどれ、やってみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、参ったなぁ。「旨い」しか、言葉が出ないよ。

かしら

 これは「かしら」(1本150円)。あれ? これにはコショウは振ってないんだ。エッ、どういう法則なんだろうか? と首をひねっていると、「すみません。コショウをかけ忘れました」とご主人。あっ、やっぱりね(笑)。塩だけでも旨いけど、コショウが加わるとさらに旨味が増すね。

なんこつ

「まだ食べるんかい」というツッコミの声が聞こえそうだけど、旨いからついつい頼んじゃうんだよね。
 これは「なんこつ」(1本150円)。これは塩だけ。シッカリ焼けているのに、全然、肉の部分がパサついてない。旨いなぁ。

せせり

 こちらは「せせり」(1本150円)。これも塩だけ。鶏は内臓以外、塩を頼んだらコショウを振らず、塩だけなんだね。豚のように脂がない分、その方が肉の味がストレートにわかっていいかもね。これも旨かったよ。

アジフライ

 ここでマサトが、まさかまさかの揚げモノ攻撃を開始。頼んだのは「アジフライ」(1枚120円)と、

フライドポテト

「フライドポテト」(280円)。「この期に及んで、揚げモノかよ。よく食べるなぁ」と言いつつ、私もシッカリ食べましたけどね(笑)。

つくねバーグ

 〆に頼んだのは、「つくねバーグ」(300円)。これは串じゃないんだね。ハンバーグ状のつくねの上にたっぷりの刻みネギと卵黄、その上からタレがかけられている。

たっぷりのネギと一緒に食べると

 卵黄を崩し、刻みネギをかきわけてつくねを箸で切り、卵黄まみれの刻みネギをたっぷり乗せて食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 写真がピンボケで申し訳ないけど、これは旨かった。絶品だね。

食べすぎました

 いやいや、よく食べたねぇ。こんなに何食べても旨い焼き鳥屋は久しぶりだね。しかも値段はリーズナブル。場所が悪いにもかかわらず、お客さんが結構入っているのもうなずける。これはいいお店だわ。
 私もマサトも大・大・大満足! でも2軒目に行っちゃうんだよなぁ。ということで、続く(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-16-1
電話:042-394-7915
営業時間:午後5時~深夜1時
定休日:日曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
ぽ子さんのブログにもあったお店ですね。

ホント美味しそう。。。
[ 2014/01/24 14:30 ] [ 編集 ]
とおりすがりさんへ
こんにちは。
そうそう、ぽ子さんも紹介しています。
すでに結構な人気店になっています。
旨いので、ぜひ一度行ってみてください。


[ 2014/01/25 18:48 ] [ 編集 ]
いいね!
初訪問しました。串最高!ホッピーもあるし、いいね!ここ。
小耳に挟んだのですが、換気扇が直ったとか。そう言えば、煙くはなかったです。
[ 2014/02/01 15:58 ] [ 編集 ]
食幸さんへ
こんにちは。
いいお店でしょ。私もすっかり気に入ってしまいました。
今度はおでんも食べてみようと思っています。


[ 2014/02/01 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR