東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

安くて旨いツマミに改めて感激

 翌日の仕事が朝早いため、夜遅くまでお酒を飲めない私。それならば、昼から飲もうと友人に声をかけ、向かったのは、久米川駅南口の居酒屋「サラリーマン久米川店」
 このお店は、早くから開いてるし、メニューも茶色系のこってりしたモノから、刺身などのアッサリしたモノまで豊富にあって、しかも安い。懐が寂しい時には本当にありがたいお店だ。

瓶ビールで乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。このお店の瓶ビールはサントリーの「モルツ」。しかも大瓶。うれしいねぇ。

イワシなめろう

 最初に頼んだツマミは「イワシなめろう」(370円)。値段が安いから、それほど期待せずに口の中に放り込むと……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 脂の乗ったイワシなんだろうなぁ、味噌とマッチしてほんのり甘く、旨い。イワシそのものを刺身で食べるよりも遥かに旨いんじゃないかなぁ。これは日本酒が欲しくなるなぁ。この旨さ、ヤバ過ぎ。

油あげとふきの煮びたし

 続いては「油あげとふきの煮びたし」(270円)。最近どうも、こういう家庭料理系に魅かれるんだよね。家で飲む時もスーパーの総菜コーナーで切干大根とか、キンピラごぼうとか、ひじき煮とか買っちゃうし。
 これは、割と薄味で私好みの味付け。旨かったなぁ。

活〆スズキと〆サバの2点盛

 こちらは「活〆スズキと〆サバの2点盛」(370円)。これで370円だからね。コストパフォーマンスがいいよね。味も“お値段以上”。

カキバター炒

 アッサリ系が続いたからというワケではないが、ちょっとカキが食べたかったので、「カキバター炒」(450円)を注文。
 プリッとしたカキも旨かったけど、この料理の主役は春菊だね。口に入れると、染み込んだカキの旨味とともに、春菊独特の苦みというかエグみが広がる。これが何とも爽やかな後味なんだよね。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

とシミジミ思っちゃったよ。
 だけど、体は正直だよね。年のせいなのか、アッサリ、サッパリしたモノを欲してしまう。

カブ浅漬け 赤貝ぬた

 ということで、頼んだのは「カブ浅漬け」(270円)と「赤貝ぬた」(400円)。ちょっと前までは、「箸休め」的に頼んでいたんだけど、年とともにメインのツマミになりつつある。まあ、体のためには、こういうツマミの方がいいんだろうな。

白モツ にんにくベーコン串

 な~んて思いながら、〆に串モノを頼んでしまうところが、煩悩の多い私なんだよね(笑)。頼んだのはね「白モツ」(2本240円)と「にんにくベーコン串」(2本240円)。


 いやあ、食べた、飲んだ。でもこれだけ食べて飲んで、1人2000円しなかったんだよなぁ。ツマミは安いだけでなく、旨いし、ホント、ここは安月給のサラリーマンにとって天国だよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-1
電話:042-391-8337




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR