東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

絶妙な辛旨加減のスンドゥブチゲ

 久米川駅北口の韓国料理店「アリラン」が9月10日に閉店。突然のことでビックリしていたら、ナントその10日後の9月20日に同じ韓国料理店の「百帝園」がオープンしていてさらにビックリ!

百帝園

 オープン当初は夜だけの営業だったが、しばらくしてランチも始めたので、早速行ってみた。

 店内のレイアウトは以前の「アリラン」の時と変わっていない。電話番号も以前と同じだから、単純に店名を変えてリニューアルしたのかな?……と思っていたのだが、入ってみると店員さんが変わっていた。うーん、居抜きで経営者が変わったのだろうか?

 まあ、それはともかくとして、ランチメニューは次の通り。

*ビビンパ定食(819円)
*石焼ビビンパ定食(1050円)
*石焼ユッケビビンパ定食(1260円)
*ユッケジャン定食(819円)
*ユッケジャンうどん定食(819円)
*スンドゥブチゲ定食(819円)
*マーボー豆腐定食(819円)
*ソロンタン定食(924円)
*カルビ野菜炒め定食(924円)
*冷麺(924円)
*ビビン麺(924円)


 種類が多いのがうれしい。私は「ユッケジャン定食」と「スンドゥブチゲ定食」で迷ったけど、肉より豆腐の方がヘルシーだろうってことで、「スンドゥブチゲ定食」をお願いした。

スンドゥブチゲ定食

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。ご飯にメインのスンドゥブチゲ、パンチャン(付きだし)とサラダという構成。この構成は以前の「アリラン」の時と変わっていないと思う。

これがスンドゥブチゲ

 スンドゥブチゲは、いかにも辛そうな真っ赤なスープの下に、白い豆腐がたっぷり入っているのが見て取れる。うーん、旨そう。
 おおっと、写真を撮っている場合じゃないや。というのも……。

中には生玉子が入っている

 あった、あった。運ばれる直前に生玉子が落とされているから、これを早くスプーンでかき混ぜないと固まってしまうのだ。
 混ぜ混ぜして食べてみると……おおっ! これは旨い! 確かに辛いけど、飛び上がるほどではなく、しっかりスープの旨味が感じられる辛さだ。中にはアサリやイカなどの魚介類が入っており、これらがいい味を出しているんだよね。
 豆腐がまたツルンとした柔らかさで旨い。

 しばらくはご飯とスンドゥブチゲを別々に食べていたが、スンドゥブチゲのスープが少し減ってきたところで……。

ある程度食べたらご飯を入れてクッパに

 ご飯をIN! よく混ぜてクッパにしていただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 この辛旨さと言ったら、絶妙だねぇ。このスンドゥブチゲは韓国料理のメッカである大久保界隈のお店と比べても負けないと思うなぁ。いやあ、これはほかの料理も期待できそう。次は「ユッケジャン定食」を食べてみようかな。



【DATA】
住所:東村山市本町4-12-3
電話:042-397-0336
営業時間:午前11時~深夜0時(ランチタイムは午前11時~午後2時まで)
定休日:第1・第3火曜(ただし祝日の場合は営業)



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/09/30 03:39 ] 【韓国料理】 百帝園(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR