東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

居酒屋なのに〆はなぜか麻婆豆腐

 諏訪町の西宿通りにある居酒屋「なかはた」は、「こんなお店があるんだけど、知ってる?」と人に教えたくなるお店だ。
 先日も友人を連れて、東村山駅西口から線路沿いに所沢方向へテクテク。最初のうちは通りが明るいけど、化成小学校やふるさと歴史館あたりまで来ると、ちょっと寂しくなる。
 西武園線の踏み切りを超えると、ちょっとした商店街があるのだが、夜はほとんど閉まっている。その商店街を進むと、右側にポッと光っている「なかはた」の置き看板。
「エッ、ここなの?」と思ってくれたら、つかみはOK。あとは料理に満足してもらうだけだ。

瓶ビールが乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。キリンのラガーが置いてあるのはうれしいな。

昆布森生カキ

 最初に頼んだのは「昆布森生カキ」(1個250円)。北海道釧路町のカキだ。レモンを軽く搾って食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 まだ今シーズンはあまり生ガキを食べてないけど、これは旨かったなぁ。濃厚でしかも甘みがある。今のところ、一番旨かった気がする。

小肌酢

 続いては「小肌酢」(550円)。〆加減が程良くて旨い。日本酒が飲みたくなってくる。

イワシ刺

 こちらは「イワシ刺」(550円)。脂が乗っていてこれも旨い。

日本酒にチェンジ

 ということで、日本酒にチェンジ。このお店、置いている日本酒自体は少ないんだけど、「屋守」や「鍋島」など、いいお酒を置いているんだよね。

豚肉とキャベツのトマト炒め

 温かいツマミをということで、頼んだのが「豚肉とキャベツのトマト炒め」(550円)。トマトの酸味が豚肉の旨味やキャベツの甘みを引き立てて旨いんだよね。

アボカドとトマトのサラダ

 これは「アボカドとトマトのサラダ」(400円)。シンプルでサッパリ。いい箸休めだ。


「さて、〆に何を食べようか?」と友人に振ると、「麻婆豆腐」(550円)という答え。まあ、仕方ないよね。居酒屋なのに、メニューの貼り紙には「当店自慢の一品」と書き添えられているんだもん。そりゃ、気になるってモノだ。

麻婆豆腐

 で、これが〆の「麻婆豆腐」。そのままでも十分旨いんだけど……。

ご飯に乗せていただきま~す

 やっぱり、オン・ザ・ライスだよね(笑)。食べると、これがもう……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 しっかり飲み食いしているハズなのに、スルッと入ってしまう。
 そう言えば、前回、このお店で飲んだ時も「麻婆豆腐」で〆たんだよなぁ。何だかこのお店に来たら、「麻婆豆腐」で〆るのが定番になっちゃいそうだなぁ。居酒屋なのに、「麻婆豆腐」が自慢の一品で、〆についつい「麻婆豆腐」を頼んじゃうって面白いよね。
 ちょっと駅から離れた場所にあるけど、いいお店だから、ぜひ行ってみて欲しいな。




【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-19
電話:042-391-3804
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後5時~深夜12時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
うん
いま魚全般おいしいって評判です。昔、昼行ったときご飯があれっ?でしたが
[ 2013/11/29 11:02 ] [ 編集 ]
飯坂太郎さんへ
こんにちは。
魚は旨いですね。
ご飯も私が食べた時は旨かったですよ。


[ 2013/11/29 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR