東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

惜別のそば屋飲み

 今年になって何度「惜別」記事を書いたことか。でもね、このお店が閉店するとは、ちょっと思ってなかったから、本当にショックで仕方ない。
 そのお店とは……。

玉清

 久米川駅北口のそば屋「玉清」だ。
 閉店を知ったのは2週間くらい前のことだろうか? お店の前を通りかかったら、入り口横にこんな貼り紙が出ていた。

入り口横に張り出されていた閉店告知

 いやあ、見た瞬間、脱力したね。確かに、以前食べに来た時、ご主人が「そろそろ釜に限界が来ていて、続けるなら買い替えないといけないんだけど、結構お金がかかるんですよ。そこまでして続けた方がいいのかどうか、考えているんですよね」と話していたけど、私はまだ先の話だと思っていた。まさか9月いっぱいで閉店してしまうとは……。

 ということで、私は兼ねてからこのお店でやりたかった「そば屋飲み」を、友人とともに敢行することにした。

 お店に行くと満席状態。友人が早めにお店に行ってくれたので何とか座れたけど、この盛況ぶりにはホントにビックリ。皆さん、閉店を知って食べに来たようだ。地元の人に愛されていたお店なんだよね。

まずは「久保田」の百寿を常温で

 このお店に来て、小上がり席に座ったのは初めてかも。でもこの席、そば屋飲みにはピッタリだ。
 それでは、頼んだのは日本酒「久保田」の「百寿」。これを常温でいただく。燗酒や冷酒とはまた違った味わい。日本酒の旨さがストレートに伝わってくる感じだ。

真いかの沖漬け

 ツマミとして最初に頼んだのは、「真いかの沖漬け」(300円)。輪切りされた真イカの中には半解凍状態のワタが入っている。もう、日本酒にピッタリ過ぎるよ。

そば焼みそ

 お次は「そば焼みそ」(520円)。塩辛い味を想像していたのだが、味噌が甘い。しかも中に揚げたそばの実が入っているのか、口に入れると、サクッとした食感がある。焼けた味噌とネギの香ばしさもよくて、これも日本酒によく合う。

お次は「浦霞」の辛口純米

 ということで、すぐに「久保田」はなくなってしまい、次に頼んだのは「浦霞」の辛口純米。今度は冷酒。これも旨いなぁ。

野菜の天ぷら盛合せ

 こちらは「野菜の天ぷら盛合せ」(650円)。何種類の野菜が乗っているのだろうか? 定番のナスやシシトウのほか、エシャレットやミニトマトなどもある。天つゆとともに、塩も用意してくれて、好みに応じて食べられるのもいいね。

そば焼酎「金砂郷」のそば湯割り

 日本酒から今度は焼酎にチェンジ。そば焼酎の「金砂郷」をそば湯で割って飲む。このお店のそば湯は、トロッとして濃厚だから、これが旨いんだなぁ。

きのこ種種みぞれ酢和え

 続いてのツマミは「きのこ種種(いろいろ)みぞれ酢和え」(400円)。いろんな種類のきのこが入っていて、楽しいツマミだ。

おろし山芋の磯辺揚げ

 ツマミの最後として頼んだのは、「おろし山芋の磯辺揚げ」(350円)。塩でいただくんだけど、これも旨かったなぁ。
 食べてみてわかったけど、このお店、ツマミがリーズナブルで、どれも旨いよ。もっと早くに気付いて「そば屋飲み」していればよかったなぁ。

〆の「もりそば」

 最後はもちろん、そばで〆。私は「もり」(570円)を注文した。小さく盛られたそばが2段重ねで出てくるのが、このお店のスタイル。

そばのアップ

「これがこのお店で食べる最後のそばなんだなぁ」と思いつつ、箸で2~3本を取ってそのままスルスルッといただいてみる。ほのかに香るそばの香り。私はそば通じゃないから、むずかしいことはわからないけど、このお店のそばは好きだなぁ。
 そばつゆはそれほど辛くなく、むしろまろやか。少し付けて食べても旨いけど、辛くないからザブンと付けたって旨い。
 そばを食べ終えたら、そばつゆをそば湯で割って、グビリ。ゆっくりと、ゆっくりと飲んだつもりだけど、すぐになくなってしまった。残念だなぁ。本当に残念だ。


 ご主人をはじめ、お店の皆さん、本当に今までご苦労様でした。そして美味しいそばを、料理を今までありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-1-37
電話:042-393-1306
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~9時
定休日:水曜・木曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2013/09/29 17:44 ] 【閉店したお店】 玉清(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR