東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

日本酒が飲みたくなる居酒屋

 秋津駅北口の、もう所沢と言っていいほどの境界近くにある寿司屋「奴寿司」。大将が亡くなられて、しばらく閉店していたのだが、昨年、息子さんが跡を継いで居酒屋「奴」として再開したという情報を数人の読者からいただいていた。だからずっと「行きたい」と思っていたのだが、なかなか機会がなくて行けないでいたんだよね。

 そんなある日、“秋津の帝王”こと友人のラットマンから、「マサさん、久々に飲みませんか?」とお誘いメールをもらった。本当にたまたまなんだけど、予定がポッカリ空いている日があり、「じゃあ、飲もうか」ということに。
 どうせ行くなら、私の行ったことのないお店に行きたいということで、「奴」をリクエストしたら、「いいですよ」と二つ返事のラットマン
 ということで、もう1人友人を誘って、3人で「奴」に向かった。

「奴寿司」から居酒屋「奴」に変わっていた

 おっ、看板が変わっている。本当に居酒屋になっちゃったんだ。
 お店に入ると、レイアウトは以前とほとんど変わりない感じがする。と言ってもまあ、私は2005年に来て以来の8年ぶりの訪問だから、記憶はちょっとあやふやなんだけどね(笑)。

生ビールで乾杯

 まずは生ビールで乾杯。このお店の生ビールはサッポロか。いいねぇ。
 何気ないけど、お通しの煮物が旨い。何だかツマミへの期待が膨らむなぁ。

刺身5種盛り

 まず頼んだのは「刺身5種盛り」(1500円)。でも、よく見ると……あれ? 6種あるよ?

 どうやらランチですっかり若大将と馴染みになっているラットマンのおかげで1品サービスしてもらったようだ。さすが“秋津の帝王”、早くも面目躍如だね。

激辛めんたいきゅうり

 続いて頼んだのは「激辛めんたいきゅうり」(490円)。真っ赤な激辛明太子をキュウリに乗せて食べるんだけど、確かにコレ、激辛だわ。キュウリの水分が辛さの緩和剤になっている感じ。これにマヨネーズを付けるとさらにマイルドになる。
 つまり激辛を堪能したい人は明太子だけを食べ、ちょっと苦手な人はキュウリと一緒に食べ、普通に苦手な人はマヨネーズでマイルドにして食べるといいってワケ。ユニークなツマミだ。

干し物焼盛り

 こちらは「干し物焼盛り」(790円)。メニューにはウルメイワシ、エイヒレ、カレイみりん干し、コマイの4点と買い手るんだけど、今回も1品多い。若大将によると「ハタハタをサービスしておきました」とのこと。ラットマンと一緒だと、お得だなぁ(笑)。

 この「干し物焼盛り」、どれも凄く旨い。というか、こんなツマミを出されると、もうビールじゃないよね。

日本酒にチェンジ

 ということで、日本酒にチェンジ。江戸切子のお銚子とお猪口が、涼やかでいいじゃないの。

イワシの骨せんべい

 と、ここで若大将が「サービスです」と「イワシの骨せんべい」を運んできた。マジですか!? 

「日本酒をお飲みになるなら、合うんじゃないかと思って」という若大将の気持ちがうれしいなぁ。

 食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ヤバいよ。日本酒がアッと言う間になくなっちゃうよ。チビチビやろうと思っていたのに(笑)。

甘エビの頭とシッポを揚げてくれた

 これは刺身に出て来た甘エビの頭とシッポを揚げてくれたモノ。もうコレ、超高級な「かっぱえびせん」ですよ。揚げ具合もバッチリでパリパリ、ポリポリ食べられちゃう。旨いなぁ。

 しばし若大将と話をしていると、「アジの干物をそのまま揚げると、『銀だこ』のたこ焼きみたいに、外はカリッ、中はフワッとなるんですよ」と言うモノだから、「あっ、ソレ、食べてみたい!」と3人ともなり、メニューにはないんだけど、お願いしてみた。

アジの干物を揚げたモノ

 これがアジの干物を丸のまま揚げたモノ。いつもは残す頭から食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 もうバリバリと食べれる。さっき食べた「イワシの骨せんべい」と同じくらい旨い。
 続いて身のついた部分を食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 なるほど。若大将の言ってた意味が食べてみてよくわかった。確かに「外はカリッ、中はフワッ」だよ。これは旨いなぁ。
 それにしても、アジの干物にこんな食べ方があったとはねぇ。これは驚きだよ。

豚ホルモン味噌漬焼

 魚料理ばかり続いたので、肉料理も頼んでみようかと注文したのが、この「豚ホルモン味噌漬焼」(550円)。正直に言うと、魚がこれだけ旨いから、肉の方は期待してなかったんだけど……コレ、旨いわ。

マグロのスジの串焼き

 これもメニューにはないモノで、マグロのスジの串焼き。塩が振ってあるだけなんだけど、超旨かった。

アボカド塩ラー油

 そして最後に出してくれたのは、スライスしたアボカドに塩を振り、ラー油を垂らしたモノ。アボカドというと、私は醤油をかけてよく食べているけど、この食べ方は初めて。でも、シンプルなんだけど、旨いんだよね。

 いやあ、ツマミが旨いものだから、ついつい日本酒を飲み過ぎてしまったよ。いやいや、いいお店だよ。再訪必至だね。


 お酒をしたたか飲んだけど、“秋津の帝王”であるラットマンと一緒に飲んで1軒で終わるハズはない。フラフラと2軒目へ向かったのであった……(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-2-16
電話:042-393-9198
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時~10時
定休日:日曜と第4月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR