東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

惜別のサンマーメン

 ちょっと寂しい気持ちを抱きつつ、やって来たのは、本町の鷹の道沿いにある中華料理店「どんどん」

どんどん

 なぜ「寂しい気持ち」を抱いていたかというと、友人からこのお店が閉店するという話を聞いていたからだ。ウソであって欲しいと思いつつ、お店に近づくと……。

閉店告知の貼り紙

 やっぱり閉店ですか。ちょっとここ数年、まちの中華料理店の閉店が多過ぎるよ。
 まあ、事情があってのことだろうから、仕方ないのだろうけど、寂しいなぁ。7月29日までなのかぁ。最後に食べるのは、やっぱりアレだよね。

やっぱり最後に食べるならコレだよね

 この幟のメニューがウリだもんね。最後に食べるなら、コレしかないでしょう。

 店内に入ると、ご主人と奥さんが仲睦まじく切り盛りしている。お二人ともすごく元気そうだ。だとしたら、どうして閉店しちゃうんだろうか?……そんなことを思いつつ、私は「サンマーメン」(700円)を注文した。

サンマーメン

 しばらくして「お待ちどうさま」と運ばれて来たのが、こちら。これが“幻のサンマーメン”だ。
「サンマーメン」についてのウンチクは、このお店を最初に紹介した2005年の記事に書いてあるので、興味のある人は読んでみてください。

野菜あんかけと醤油スープのコントラストがいいんだよね

 考えてみれば、このお店のウリである「サンマーメン」を食べるのは、2005年の取材以来だから、8年ぶりになるのか。
 でも、たっぷりの野菜あんと醤油スープのコントラストは変わらないなぁ。値段も8年前と同じだ。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。トロみの強い野菜あんに絡めながら食べていると、次第に野菜あんが醤油スープに溶け出して、微妙に味が変化していく。これが何とも楽しいんだよね。
 本来は途中で酢をかけるのが、「サンマーメン」の食べ方なんだけど、最後だから自分がやってみたい食べ方を試してみた。

ちょっと邪道だけどラー油を垂らしてみた

 ラー油を少し垂らして、ズズズッ……ああ、思った通り、いい味だ。
 そして酢をひと回しして、サッパリとした味わいに変化させ、スープまで全部飲み干して……。

スープを飲み干して完食

 完食! 別に狙ったワケじゃないんだけど、丼に書かれた「どんどん」の文字に光が当たっていて、まるで「忘れないでくれよ」と言っているようだ。

とっても美味しゅう(´ ▽`).。o♪♪ ございました!

 会計の際、ご夫婦に「お二人とも、とても元気そうなのにどうして閉店なんですか?」と聞いてみた。すると奥さんは右手で鍋を振るうポーズをしながら、

「二人とも、35年も鍋を振ってきたから、もう腕がね」

と話し、左手で右肩をさすった。
 そうでしたか。この地で35年間も頑張って来られたんですね。本当にご苦労さまでした。そして、今まで美味しい料理をありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292
営業時間:午前11時30分~午後8時15分
定休日:火曜(祝日の場合は翌水曜)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR