東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ひと味違うスイーツに舌鼓

 今回の記事も2カ月以上も前の話。

 たまたま私が仕事明けで、カミさんが休みだったので、「ちょっとお茶でもしようか」と家からすぐ近くの、久米川駅北口のオーガニックショップ&カフェ「ecomoko(エコモコ)」に行ってみた。

「三年番茶」と「甘酒ジンジャーマフィン」

 私が頼んだのは「三年番茶」(200円)と「甘酒ジンジャーマフィン」(280円)。
「三年番茶」はポットで出てきて量もあるし、お茶菓子付き。これで200円は絶対お得だよね。しかもスッキリした味わいで旨い。

これが「甘酒ジンジャーマフィン」

「甘酒ジンジャーマフィン」は、もう名前通り。生姜の効いた甘酒の味がほんのりとして旨い。「三年番茶」でいただくからなのか、甘酒が入っているからなのか、喫茶店でいただいているというより、和風の甘味処でいただいているような錯覚すら覚える。いいなぁ。

スムージーと「かぼちゃのタルト」

 こちらはカミさんの頼んだ「ecomokoスムージー」(450円)と「かぼちゃのタルト」(360円)。私のチョイスが和風なら、カミさんのチョイスは完全に洋風。
「ecomokoスムージー」(450円)は濃厚で、カミさんいわく「美味しいけど、お腹に効きそう(笑)」とのこと。

「かぼちゃのタルト」はカボチャがたっぷり乗っている

 私がちょっとビックリしたのは「かぼちゃのタルト」。普通、カボチャを使ったケーキというと、生地に練りこんだり、クリームに入れたりすると思うんだけど、これはカボチャがそのまんまゴロゴロと乗っている。さらにはパンプキンシードまで乗っている。まあ、見てすぐに「カボチャを使っている」ってわかるけど、あまりにもストレートでかえって驚いてしまった。お味はというと……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

とのこと。私もひと口もらったが、確かにカボチャの自然な甘みがして旨い。


 ひと味違うスイーツを食べつつ、お互いの仕事のことや子どもたちのことなどをまったりと話す。こういう時間って、家の中ではなかなかつくれないから、「ecomoko」のようなお店は本当にありがたいよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-3-60
電話:042-390-8841
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:なし
ホームページはこちら
ブログはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
健康的&個性的でいいですね。
[ 2013/01/11 23:13 ] [ 編集 ]
gunさんへ
こんにちは。
いいお店だと思います。
駅前ですし、もっと繁盛して欲しいと思います。

[ 2013/01/12 06:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR