東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

あのラーメン店が復活!

 個人的に好きだった、久米川駅南口のラーメン店「さくら」が閉店したあと、2012年10月1日にオープンしたのが、今回紹介するラーメン店「しょういん」

しょういん

 看板には大きく「しょういん」と書かれているが、暖簾を見ると右下に「松陰」と書いてある。漢字で書くなら「松陰」ということなのだろうが、店名としては敢えてひらがなの「しょういん」にしたということなのだろう。でも、どうしてなんだろう? 

 営業時間は午後6時から翌朝5時まで。ランチタイムに敢えて営業をしないこのスタイル、確か以前にもあったような……。

 お店に入り、メニューを見て、私は「あっ!」と思った。


*とんこつらーめん(600円)
*塩とんこつらーめん(600円)
*味噌とんこつらーめん(700円)
*担々麺(750円)
*しょうゆらーめん(700円)
*梅しおらーめん(700円)



「らーめん」とひらがな表記になっているところ、「しょうゆらーめん」と「梅しおらーめん」が中太麺になっているところ……思い出したよ。このスタイルは2010年10月に閉店した久米川駅南口のラーメン店「らーめん たつ」と同じだ。
 あとでネットで調べると、どうやら「らーめん たつ」で修業した人が出したお店らしい。店名がひらがななのも、ランチタイム営業がないのも、これで納得だ。


 私はメニューの一番上にある「とんこつらーめん」を注文。麺は「ばりかた」でお願いした。

とんこつらーめん

 これが「とんこつらーめん」。ああ、九州系の豚骨ラーメンだ。以前、コメント欄で「ぐーたりの舌」を書いているぐーたりさんから、「スープの泡立ちは、正直に豚骨を煮込んで出汁を取った証拠」と教えてもらったんだけど、ちゃんと泡立っている。

豚骨らしい、いい色じゃないの

 いかにも九州系の豚骨スープって感じ。ひと口飲むと……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

「豚骨=こってり」というイメージを持っている人には、ぜひ飲んでみて欲しいなぁ。マイルドでむしろアッサリしているから。

麺のアップ

 麺は極細麺。少し芯の残ったようなポキポキ感がいいねぇ。しみじみ旨いと思うよ。

替え玉しちゃいました

 ということで、替え玉(100円)しちゃいました(笑)。もちろん「ばりかた」でね。

スープを飲み干してごちそうさま

 スープを飲み干して、ごちそうさま。
 いやあ、「らーめん たつ」の復活はうれしいけど、営業時間が危険だよね(笑)。絶対、飲んだあとに寄ってしまいそう(笑)。年齢を考えたら、何としてもそれだけは避けなくては。
 次回は「らーめん たつ」で大好きだった「たつ麺」こと「塩とんこつらーめん」を食べてみようと思う。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-38-1
電話:042-392-2800
営業時間:午後6時~翌朝5時(ラストオーダーは午前4時30分)
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2013/01/06 07:51 ] 【ラーメン】 しょういん(栄町) | TB(-) | CM(2)
しばらく、小手指のたつにいて、ようやく独立できたようです。たつ閉店直後から、久米川で店を開きたいとおっしゃってました。
ちなみに、店主は吉田さんなので、松陰なんだと思います。店名としては漢字では硬いからかな、って勝手に思ってました。
[ 2013/01/11 10:32 ] [ 編集 ]
多郎左衛門さんへ
こんにちは。
名前の由来はそういうことでしたか。
教えていただき、ありがとうございます。

[ 2013/01/12 06:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR