東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

牛丼とステーキ丼の間

 昨年、新青梅街道沿いに東村山市内で3店目となるお店がオープンし、着実に勢力拡大している牛丼チェーン「すき家」。東村山に限らず、いろんな街にあるから、新作メニューの幟やポスターがイヤでも目に入る。
 最近の新作メニューは「とろ旨牛トロ丼」。牛丼にちょっと高級感を加えた感じだろうなぁと私は思いながら見ていた。そして、

このお店では「牛丼」が280円だから、それよりは高いにしても、安さがウリのハズだから500円を超えるような値段設定はしないだろうなぁ。

と勝手にそう思い込んでいたのだが……。
 先日、久米川駅南口にある「すき家久米川駅前店」の前を通りかかった時のこと。

とろ旨牛トロ丼の告知フラッグ

 お店にはこんな「とろ旨牛トロ丼」の告知フラッグが出ていた。で、よく見ると……。

値段を見てビックリ

 エエッ! 680円もするの!?

 これにはちょっと驚いたなぁ。「牛丼」の倍以上の値段とは、強気の設定だよね。
 いやまあ、普通の飲食店であれば、牛肉を使った料理なんだし、680円は十分に安い値段設定なんだけど、何しろ定番メニューである「牛丼」が280円という「すき家」だから、高く感じちゃうんだよね。

 値段を知って急に気になった私は、お店に入り、「とろ旨牛トロ丼」を注文。何だかそれだけじゃ寂しいので、味噌汁とお新香が付く「お新香セット」(70円)もお願いした。

牛トロ丼とお新香セット

 これが「とろ旨牛トロ丼」の「お新香セット」付き。計750円ナリ。普通の定食屋なら「なかなかのコストパフォーマンス」と思うところだけど、安さをウリにしているチェーン店だから、つい厳しい目になってしまう。
「とろ旨牛トロ丼」にはカラシと黒酢が付くんだね。カラシは何となくわかるし、付ければ旨いだろうなぁと想像がつくけど、黒酢はどうなんだろうね? ちょっと味の想像がつかない。

これが牛トロ丼

 これが「とろ旨牛トロ丼」。何となくこのビジュアル、見たことあるなぁと思ったら、以前食べたことのある「豚とろ角煮丼」に似ているかも。カラシが付いているところも含めてね。
 まずはそのまま食べてみると……甘めの味付けで、肉は確かにトロトロの柔らかさ。旨いじゃん。

カラシを付けた方が旨い

 カラシを付けて食べてみると……さらに旨さがUP! 旨いなぁ。
 どういう味になるか不安なので、全部ではなくちょっとだけ黒酢をかけて食べてみると……サッパリした味に変化していいけど、これは好みが分かれる味だろうなぁ。

 食べ終えて思ったのは、680円という値段は妥当かもね。そりゃ安い方がうれしいけど、これだけゴロッとした牛肉が乗っていて500円以下だったら、かえって怖い気がする(笑)。ちょっとした高級感もあるし、たまに食べるにはいいんじゃないかな。
 値段的にも高級感・贅沢感の度合いから言っても、私の中では、牛丼とステーキ丼の中間と言えるかも。少なくとも「肉が食べたい」という気持ちは満たされるよ(笑)。トロトロに柔らかいから、歯に肉が挟まりやすいっていう難点はあるけどね(笑)。




【すき家久米川駅前店DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
店内禁煙
ホームページはこちら


【すき家東村山秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町3-47-3
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
駐車場あり
ホームページはこちら


【すき家新青梅街道東村山店DATA】
住所:東村山市富士見町3-2-1
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR