東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

食べ応え十分の焼魚定食

 もうすっかり食べ物の好みが肉から魚に移行してしまった気がする私。この日も魚系のランチが食べたくて、向かったのは……。

ながしま

 久米川駅北口の居酒屋「ながしま」。確かこのお店はランチをやっていたハズなんだよね。
 暖簾が出ているし、ランチメニューを書いた看板も出ているし、と思ったら……。

あれ?ランチメニューが書いてないぞ

 あれれ? いつもならこの看板にビッシリとランチメニューが書いてあるんだけど、「ランチサービス」と書いてあるだけだ。その下には「昼ランチ 750円より」と書いた紙が貼ってある。
「大丈夫だよね?」と思いつつ入ってみると……うん、大丈夫だった(笑)。

店内のホワイトボードに書いてあった

 ランチメニューを書いたホワイトボードを発見。「刺身定食」(950円)をはじめ、いろいろと魚系のランチがあるじゃないの。
 この日の「煮魚定食」(750円)はサバの味噌煮、「焼魚定食」(750円)は生サケのバター焼きとなっていた。最初は「煮魚定食」にするつもりだったけど、何となく「生サケバター焼」の文字の横に付いている赤丸が気になって、私は「焼魚定食」を頼むことにした。

焼魚定食

 これが「焼魚定食」。見た瞬間、思わず「おおっ」と声が出てしまった。というのも想像していた以上にサケが大きいからだ。

生サケのバター焼き

 表面がシッカリと焼かれ、皮はパリッとした焼き上がり。私は普段は皮を食べないのだけど、これはちょっと旨そうだったので食べてみると……いやあ、思った通りの旨さだ。これだけでご飯を3分の1は食べられると思うな。
 身はふっくらと柔らかい。バターがたっぷり使われているけど、それほどしつこくない。軽くレモンを搾るとサッパリした味わいに変わり、こってりしたモノが苦手になりつつある私にピッタリの味に。それにしても大きくて食べ応えがあるなぁ。
 小鉢も味噌汁もお新香も旨くて、アッと言う間に完食。今度は「づけ丼」(850円)を食べてみようかなぁ。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-11-1
電話:042-395-5636
営業時間:ランチタイムは午前11時30分~午後2時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR