東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

久しぶりに天ぷらを堪能

 久米川駅北口の定食屋「ごはん家さくら木」「ミックスフライ定食」を食べ、揚げ物に対する「胃もたれするのでは…」という恐怖心を払拭した私。
「次は天ぷらだな」と思い、向かったのは萩山駅北口にある割烹料理店「光琳亭」。このお店のランチに「天ぷら定食」(945円)があるんですよね。これまで食べたこのお店のランチは、すごくお得感があったから、私は期待してこのお店に来たんだよね。

 お店に入ると、「ちょっとお時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」と店員さん。お得なランチであることは、広く知られているのだろう、確かに店内はほぼ満席状態。これは時間がかかっても仕方ないかな……そう思った私は「いいですよ」と笑顔で答えた。

まず運ばれてきたのは、天ぷらと天つゆ、ご飯とお新香

 しばらくして運ばれて来たのは……あれれ? これだけ? 

「すみません。赤だしと小鉢、それから茶碗蒸しをあとでお持ちします」と申し訳なさそうに言うと、店員さんは去っていった。
 一度にドーンと来てくれた方がゴージャスな感じがしていいんだけど、これはこれで懐石っぽくていいかもね(笑)。

左からカボチャ、キス、ナス、シシトウ

 天ぷらは左からカボチャ、キス、ナス、シシトウ。でもこれだけじゃない。後ろを見ると……。

後ろにはエビとイカがある

 大きなエビがドーンと横たわり、その横にイカの天ぷらがある。
 では、シシトウからいただいてみますかね。天つゆにザブンと浸してからパクッ……天ぷらはやっぱり旨いねぇ。サックリしたコロモが天つゆを吸ってシットリとするまでの瞬間に口に入れて、両方の食感を楽しむ。そして素材の味を堪能する……天ぷらって本当に旨い料理だよね。もたれなければ最高だよ(笑) 。

赤だしと小鉢が運ばれて来た

 と、そこへ「お待たせしました」と赤だしと小鉢が運ばれて来た。
 赤だしをひと口飲むと、これがまたいい濃さで、口の中をうまくリセットしてくれる。
 逆に小鉢の方は薄味で、こちらは箸休めとしていい感じだ。

エビは大きくてプリプリしている

 エビの天ぷらを食べるのは、本当に久しぶりだなぁ。食べてみると、身がプリップリで旨いこと。「この揚げ加減なら大丈夫だな」と思い、シッポも口に入れると、ボリボリバリバリと心地よい音が口の中に響き、エビの香りと味が一気に広がる。旨いなぁ。

最後に茶碗蒸しが出て来た

 ちょうどすべてを食べ終わったころに、茶碗蒸しが運ばれて来た。ミツバにシイタケ、カマボコ、タケノコ、鶏肉といろいろな具が入っていて、さらにスプーンで掘り進むと……。

銀杏が入っているのがうれしい

銀杏 (゚д゚lll) 見っけ!!

 何度かこのお店で食べているから、入っているのはわかっているんだけど、見つけた時のうれしさがたまんないんだよね(笑)。
 いやあ、食べたなぁ。堪能したって感じ。
 この日はこの後、全然、胃もたれしなかったし、これで天ぷらもクリアだね。




【DATA】
住所:東村山市萩山町1-8-12
電話:042-344-3737
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:水曜
駐車場:15台




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
[ 2012/07/02 03:50 ] 【和食全般】 光琳亭(萩山町) | TB(-) | CM(2)
カラッと揚がっている天ぷら
いいですね~
これで945円ってすごくお得~
[ 2012/07/02 09:17 ] [ 編集 ]
とあさんへ
こんにちは。
お得でしょ。
オススメですよ。
[ 2012/07/02 18:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR