東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

懐かしさいっぱい!胃にも心にも染みる中華そば

 ラーメン好きの私だが、思えば一番最初の出合いは故郷・広島の中華料理店で食べた中華そばだった。透き通った醤油味のスープに細い縮れ麺。最初に食べた時は「世の中にこんな旨いモノがあるなんて」と感激してスープまで飲み干したモノだ。
 その後、味噌ラーメン、九州豚骨ラーメン、東京で豚骨醤油ラーメンと出合い、その都度、感激したが、やはり原点であり、一番好きなラーメンは醤油味のサッパリ系ラーメンなんだなぁ……ということをしみじみ思い出させてくれたのが、今回紹介する「味六」だ。

 私はテクテクと歩いて行ったが、ハッキリ言って遠いです。久米川駅から1500メートルちょっとはあると思う。久米川駅からならバスに乗るのが懸命だ。久米川駅南口のバス乗り場から「新秋津」か「所沢」行き、または「清瀬」行きのバスに乗り、「恩多町5丁目」で降りて周りを見渡すと、「ラーメン」と書いた幟が見える。それを頼りに歩くと見つかるハズ。



「中華そば 味六」という赤い暖簾が、すでにいい味を出している。店内はカウンター4席と、小上がりに大きめのテーブルが2卓あるだけ。お店は厨房に2人、接客に1人、いずれも女性ばかりだ。
 カウンターに座り、メニューを見ると、中華そばと味噌ラーメン、あとはそれぞれにチャーシューをトッピングしたチャーシュー麺と味噌チャーシューしかない。お酒も置いてあるが、基本的にはラーメンで勝負している正統派のラーメン屋さんだ。
 私は「中華そば」(600円)を注文した。
 注文を聞いた店員さんは、「待っている間、退屈しないように」ということだろう、サッと新聞を私に手渡してくれた。些細なことではあるが、こういう心遣いはうれしい。



 ほどなくして出てきたのがコレ。どうです、透き通った醤油スープ、そしてスープ越しに見える細い縮れ麺。たまんないですよ。具は海苔に味付け玉子、チャーシュー、メンマ、そしてフワフワとした不思議な物体。
 不思議な物体の解明はさておき、まずはスープを飲んでみる。前日飲みすぎて、多少荒れ気味だった胃にスーッと染み込んでいく。そして鳥ベースで野菜の旨味と甘みを感じるスープは一気に私を「昭和」へ引き戻してくれる。「懐かしいなぁ」……言葉にすると陳腐だが、ホントそんな感じがした。

 細い縮れ麺を食べると、これがスープによく絡んで美味しい。味付け玉子はよく味が染みてるし、メンマもシャキシャキしている。チャーシューもシッカリとした歯応えと味がある昔風のモノ。
 さて問題はフワフワとした不思議な物体だ。見た目と色からすると、明らかにそぼろなのだが、食べてみると、豆腐のように柔らかい。会計の際、お店の人に聞くと、やっぱりこれはそぼろだという。「これをかき混ぜて食べていただくと、美味しくなりますよ」と言われ、ちょっと後悔。というのも単独で食べてしまったからだ。
 さらに今回、もう1つ、私は後悔している。スープをすべて飲み終わって「フーッ」とひと息ついた時にはじめて、カウンターにおろしニンニクが置いてあることに気づいたのだ。野菜の旨味たっぷりのこのスープにニンニクを少し入れれば、「神座(かむくら)」のような味になっていたかもしれない。今度はぜひ、そぼろをかき混ぜ、ニンニクを少し入れて食べてみよう。




【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2005/02/13 19:45 ] 【ラーメン】 味六(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告