東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

見た目はグロいけど旨いラーメン

 イカ墨パスタは美味しいけど、やっぱり「黒」という色はあまり食欲をそそらないし、どうしてもグロテスクに見えてしまう。しかし、その「黒」に敢えて挑戦しているラーメン屋があった。390円ラーメンでおなじみのチェーン店「日高屋 秋津店」だ。
 たまたま通りを歩いていたら入り口に「黒胡麻ラーメン」のポスターが張ってあり、見ると写真のラーメンはスープが見事に黒かった。おそらく期間限定の企画ラーメンだろう。
「これってどうなんだろう? 490円か……安いし、食べてみるか」
 別にお腹は減ってなかったけど、好奇心で私はお店に入り、「黒胡麻ラーメン」を注文した。5分ほどして、プ~ンとゴマの香りを漂わせながら「黒胡麻ラーメン」が目の前に運ばれてきた。

黒胡麻ラーメン

 写真では少し茶色がかって見えるけど、実際は黒いです。もうゲンナリするほど黒い。メンマやモヤシが見えてなかったら、とても食べる気は起きないだろう。でも、香りはゴマの甘い香りがしていいんだよね。
 まずはスープをいただいてみますか。
 おっ! もうひと口。おおっ! さらにもうひと口。おおおっ、旨いじゃないの! 黒ゴマが表面を覆っているが、どうやらその下は白濁した豚骨スープのようだ。普通の豚骨ラーメンのお店には必ず紅生姜と高菜、そして白ゴマが置いてあるモノだ。つまり豚骨スープはもともとゴマとは相性がいいのである。旨くないワケがない。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。スープがよく絡んで旨い。食べ進むと時折、白い豚骨スープが顔を見せるが、すぐに黒ゴマに覆われてしまう。黒ゴマはかなり入っているみたいで、最後までスープの黒さは変わらなかった。黒ゴマのせいで多少スープは甘めだが、これは旨いと思うな。後から思ったのだが、これにラー油を垂らしたら、ひょっとしたら美味しくなったのではないだろうか。今度試してみよう。

食べ終わったあとの丼

 で、これが食べ終わったあとの丼。とてもラーメンが入っていたとは思えない。雨ざらしで汚れた丼って感じだ。でもこれだけ黒ゴマが入っていれば、体にいいんじゃないだろうか。だけど、見た目のグロさのせいで、たぶんこのラーメン、あまり人気ないと思うな。もしかすると早く消えてしまうかもしれないから、興味のある人は早めに食べに行った方がいいかもよ。


【DATA】
住所:東村山市秋津町5-8-1
電話:042-390-4332
営業時間:午前10時半~深夜1時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告