東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

宝箱のような彩り豊かなちらし寿司

“まちの中華料理屋さん”を応援しようと、このところ意識的に中華料理店を取材している私。この日は八坂商店街から少し路地に入ったところにある「ぼう月」に行ってみたんだけど……。

あれ、「ぼう月」は今日お休みか?

 あれれ、シャッターが降りてるよ。今日はお休みなのかなぁ?
 実はこの時、かなり嫌な予感はしていたんだよね。というのも、「ぼう月」に来たのはこの日が初めてではなく、ここ1週間で3回も来ていて、どの日もシャッターが降りていたんだよね。
 まあ、たまたまかもしれないし……と思い直した私は、ランチを食べるべくお隣のお店へ。

翁寿司

「ぼう月」の隣には、寿司屋の「翁寿司」があるんだよね。確かランチをやっていたハズなんだけど……。

ランチメニューが出ていた

 おっ、やってる、やってる。

*にぎり寿司(850円)
*ちらし寿司(850円)


 以前は確か「にぎり寿司」を食べたから、今回は「ちらし寿司」を食べてみようと思った私。カウンターに座ると「ちらし寿司」を注文した。

ちらし寿司

 しばらくして味噌汁とともに運ばれて来たのが、こちら。「ちらし寿司」の彩りが何ともキレイだねぇ。

彩りがよく、見ていて楽しい

 エビ、マグロ、サーモン、ホタテなどの魚介類のほかに玉子、たらこ、カマボコ、カンピョウ、でんぶ、キュウリ、沢庵と、少しずついろんなモノが乗っている。まるで宝箱みたいで、見ていて楽しい。
 乗っているネタと酢飯との間には刻み海苔が敷き詰められている。
 1つずつネタを食べては酢飯を口に入れていくのだが、「次はどれを食べようかなぁ」と、つい迷ってしまう。いやあ、見ても楽しいけど、食べるのも楽しいよ。酢飯も意外と入っていて、食べ終わると、お腹いっぱいになっていた。


 忙しく動いていた大将の手が止まったところで、私は隣の「ぼう月」について聞いてみた。すると……。

「ああ、お隣は3月に閉店しちゃったよ」

 ガーン! 嫌な予感はしてたけど、やはり閉店しちゃったんだ。残念だなぁ。
 このお店は開店してから36年になるという。「ぼう月」はこのお店ができて1年後くらいに後にオープンしたという話だから、約35年間、“まちの中華料理屋さん”として頑張ってきたワケだ。閉店は残念だけど、「今までご苦労さま」と言いたい。



「ぼう月」閉店の話を聞いて、私が残念そうな顔をしていると、

「ウチもどうなるかわからないけどね」

と笑う大将。確かに年齢を考えると、そうなのかもしれないけど、そんな寂しいことを言わずに、女将さんともどもいつまでも元気で頑張ってくださいよ。また食べに来ますね。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-16-52
電話:042-392-0234
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~深夜0時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR