東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

青魚を堪能

 魚が食べたい! しかもサバとかアジとかイワシとか、青魚をしこたま食べたい!……そう思った私は友人を誘い、久米川駅北口にある寿司屋「ダイヤ寿司」に向かった。

豪華なお通し

 このお店はお通しが本当に豪華で旨いんだよね。今回もどれも旨かったんだけど、絶品と思ったのは、一番左のアナゴの肝の佃煮。ひと粒、口に放り込むと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 山椒の実が効いていて、もう旨いのなんのって、「早くお酒が飲みたい」って感じ(笑)。
 で、頼んだお酒は……。

限定の上喜元

 山形県は酒田市のお酒「上喜元」の大吟醸。まあ、ただの大吟醸でないことは、グラスの中の色を見ればわかりますよね。若大将がイチ押しするお酒がマズいワケがない。シュワッと一瞬、舌を刺激するけど、あとはスルッとほのかな酸味と旨味を口に残しながらノドを通っていく。飲みやすくて危険なお酒だ。

 さてさて、この日の目的は青魚だ。まずはどれから食べようかなぁ……。

〆サバ

 考えた末に頼んだのは、松輪の〆サバ。色からして脂が乗っているのがよくわかる。醤油に付けると、小皿にサッと脂が広がる。それにワサビを乗せ、口に入れると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ああ、幸せ! 大将の話によると、この日のサバはいつにも増して脂が乗っているのだとか。うれしいなぁ。

ギンヒカリ。手前が刺身で奥が〆たモノ

 続いて頼んだのは、「幻の鱒」とも言われているギンヒカリ。手前の列が刺身で、奥が酢〆したモノだという。初めて食べたけど、旨いねぇ、コレ。

イワシのなめろう

 さて青魚の第2弾として頼んだのが、イワシのなめろう。でもコレ、よく見ると、細かくたたいてはいない。「ちょっと変わっているなぁ」と思いつつ食べてみると……。

何じゃこりゃ! (゚д゚lll) 旨いじゃないッスカ!!

 イワシに脂が乗っているせいもあると思うが、味噌との絡み加減が絶妙! こんな旨いなめろうは初めてかも。

コハダのキュウリ巻き

 青魚第3弾は私の中では定番となっているコハダのキュウリ巻き。食べるのも好きなんだけど、これをつくる時の大将の仕事を見るのが、また好きなんだよね。
 わかっている味なんだけど、やっぱり言わなきゃダメでしょう。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

サンマの刺身

 青魚第4弾はサンマの刺身。いやあ、これも脂が乗っていて旨かったなぁ。

鯛の兜焼き

 〆に頼んだのは、鯛の兜焼き。サッパリとした味で〆てごちそうさま。
 私はマグロなどより青魚の方が好きだから、もう大満足。まさに堪能したって感じだね。
 大将、若大将、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-16
電話:042-393-0162
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)、午後5時~11時(ディナータイム)
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
ホームページはこちら
若大将のブログ「鮨とお酒とハーブの日記」
若大将のツイッター




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/11/05 03:28 ] 【寿司】 ダイヤ寿司(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR