東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

温玉マジックが楽しめるラーメン

 最近、秋津に行ってないよなぁ……と思った私。閉店したお店も何軒かあるみたいだし、一度チェックしに行ってみるかと、仕事帰りに行ってみた。で、チェックするつもりが、いきなり「日高屋 秋津店」の前で立ち止まってしまった。だってね、「温玉旨辛ラーメン」(490円)なんていう期間限定ラーメンのポスターを出してるんだもん。
「期間限定」の言葉に弱く、しかもタマラーな私がこのラーメンを無視するワケにはいかんでしょう。仕方なく入りましたよ(ウソウソ、喜んで入っちゃいました)。

 メニューをチラリと見たものの、もちろん注文は「温玉旨辛ラーメン」。お店が込んでいたせいか、結構待たされてから出てきたのがコレ。

温玉旨辛ラーメン

 へぇ、ポスターでは最初から温玉、つまり温泉玉子がラーメンに乗っかっていたけど、実際は別々に出すのね。これ、たぶんヘタに割っちゃって黄身が流れ出たら、ラーメンそのものが台なしになるから、お客さんに割ってもらおうって考えたんじゃないかなぁ。
 でもまあ、タマラーの私としては割るのが好きだから全くノー・プロブレム。

温泉玉子

 パコッと割って準備OK。あらら、殻にまだ白身がこびりついているじゃないですか。もったいない、もったいない。指でこそぎ落として、いよいよラーメンにIN!

温玉をIN!

 いいじゃないですか、このビジュアル。では、まずは温玉抜きでスープをひと口。辛めに味付けした挽き肉のあんがかかっていて、なかなか辛い。でも悪くない味だ。

麺のアップ

 あんに絡めながら麺をズズズッ。細い縮れ麺はちょっと茹で過ぎなのか柔らかめ。そのせいか、ちょっと平凡な味に感じられる。
 というワケで、救世主の登場だ。

温玉を崩して…

 温玉を崩して、と……うひゃ~、たまんないねぇ。まあ、この気持ち、タマラーじゃないとわからないかもしれないけど、崩しながら私、おそらく気持ち悪いほどニタニタしていたと思います。
 では、いくぜ!

麺に黄身を絡ませてIN!

 黄身を麺に絡ませて、ズズズッとIN!!

う(◎o◎)ま~~~!!!

 スープも温玉が混ざることでマイルドになり、味に深みが増したような気がする。まさに“温玉マジック”。こりゃ旨いや。スープまでしっかり飲み干して、ごちそうさま。
 味付け玉子もいいけど、ラーメンに温玉もいいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市秋津町5-8-1
電話:042-390-4332
営業時間:午前10時半~深夜1時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告